肝機能障害とは
弁護士法人法律事務所MIRAIO

0120-783-005 平日10:00〜18:00

肝機能障害

肝臓が何らかの異常によって障害を受けることにより、正常に機能しなくなることをいいます。
肝機能の異常は、その原因によって、脂肪肝、アルコール性肝機能障害、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)、薬物性肝機能障害、自己免疫性肝疾患、ウイルス性肝機能障害などに分類されます。
肝臓は別名沈黙の臓器と呼ばれており、軽度の障害の場合は自覚症状がないことが多いです。しかし、障害が進行すると食欲不振・全身倦怠感・黄疸などの症状が現れます。放置すると肝炎・肝硬変・肝臓がんなどに進行する恐れがある、非常に怖いものです。

肝機能に異常があるか否かを判断するには、血液検査を行い、GOT(AST)値、GPT(ALT)値、総ビリルビン値、ALP値、総たんぱく値、LDH値、コリンエステラーゼ値などといったマーカーの数値を確認します。いずれも肝細胞に含まれる酵素で、肝機能に異常が起こるとこれらの物質が血中に多く流れ出るようになります。
血液検査だけでは、肝臓にダメージが与えられた状態であることが推測できても、実際の疾患の種類や進行度を正確に判定することはできません。
そこで、まずは超音波検査、CTスキャン、MRIで肝臓の状態を観察します。超音波検査、CTスキャン、MRIで疾病が特定できない場合には、肝臓を直接検査する肝生検または腹腔鏡検査が行われます。この2つの検査は両方行う場合も多いです。
用語集TOPに戻る