内視鏡的静脈瘤硬化療法(EIS)とは
弁護士法人法律事務所MIRAIO

0120-783-005 平日10:00〜18:00

内視鏡的静脈瘤硬化療法(EIS)

内視鏡的静脈瘤硬化療法(EIS)は、内視鏡に装着したバルーンによって、食道静脈瘤の血流を圧迫遮断した後に、その胃側に針を刺して硬化剤を血管内に注入し、静脈瘤の出血および供血路まで血栓化させる治療です。

肝硬変を主な原因として門脈圧亢進症が生じ、それに伴い食道静脈瘤は発生します。 食道静脈瘤に対する治療としては、食道離断術などの外科的治療も存在しますが、現在では内視鏡的処置が治療の主流となっています。
用語集TOPに戻る