肝移植とは
弁護士法人法律事務所MIRAIO

0120-783-005 平日10:00〜18:00

肝移植

肝移植とは、末期肝不全の患者の肝臓を摘出し、健康な肝臓を移植する治療法です。
肝細胞癌・肝硬変・急性肝不全・劇症肝炎・胆道閉鎖症などで肝機能が著しく悪化し、内科的治療や肝切除などの外科治療では効果が期待できない場合に行われます。
肝移植には、親族や配偶者から肝臓の一部を提供してもらう生体肝移植と、脳死状態の人から肝臓を移植する脳死肝移植があります。日本では生体肝移植が主に行われています。
用語集TOPに戻る