肝切除術とは
弁護士法人法律事務所MIRAIO

0120-783-005 平日10:00〜18:00

肝切除術

肝切除術とは、外科的に癌を切除する方法です。周囲の肝組織を含めて病巣を摘出するので、最も確実な治療法といえます。
肝臓は生命維持に不可欠な臓器であり、全部を切り取ることはできませんが、正常の肝臓では3/4切り取っても大丈夫とされています。しかし、肝がんは慢性肝炎、肝硬変を背景として発症することが多く、肝臓は正常に比べて弱っており、大きく切除しすぎると残りの部分で生命を維持できない状態(肝不全)になる危険があります。
そのために、肝切除を行う場合は、肝がんの大きさ、個数、場所、性質、肝臓そのものの状態に加え、患者の年齢や体力なども考え合わせて、慎重に判断します。病変を含む肝臓を切り取った後、残された肝臓の機能に問題が生じないかどうか、身体にかかる負担の大きい手術に患者が耐えられるかどうかなどを見極める必要があるからです。

関連項目

用語集TOPに戻る