ラミブジン(ゼフィックス)とは
弁護士法人法律事務所MIRAIO

0120-783-005 平日10:00〜18:00

ラミブジン(ゼフィックス)

ラミブジンは、核酸系逆転写酵素阻害作用を有する抗ウイルス薬であり、B型肝炎ウイルス(HBV)の増殖を抑制する経口製剤です。
ラミブジンはもともとは、エイズ治療薬(エピビル錠)として開発され使用されていますが、B型肝炎ウイルス(HBV)の増殖を強力に抑制すると同時に、肝機能異常を改善することが明らかになったことから、B型肝炎の治療薬(ゼフィックス錠)としても開発され、2000年に認可されました。

副作用は、頭痛と倦怠感です。また、ラミブジンの長期服用時の問題として、変異した抗体ウイルスが出現しやすいということがあげられます。薬が効かない変異ウイルス(ラミブジン耐性株)の増殖により、よくなった肝機能値が再び悪化してくることがあります。
用語集TOPに戻る