テノホビル ジソプロキシル フマル酸塩(テノゼット)とは
弁護士法人法律事務所MIRAIO

0120-783-005 平日10:00〜18:00

テノホビル ジソプロキシル フマル酸塩(テノゼット)

テノホビルは、核酸系逆転写酵素阻害作用を有する抗ウイルス薬であり、B型肝炎ウイルス(HBV)の増殖を抑制する経口製剤です。
B型肝炎に対する核酸アナログ製剤として、ラミブジン(ゼフィックス)、アデホビル(ヘプセラ)、エンテカビル(バラクルード)がB型肝炎ウイルス増殖抑制剤として認可され効果を発揮してきましたが、更に進歩した新薬テノホビル(テノゼット)が2014年3月に認可されました。
テノホビルは、核酸アナログ製剤の問題点である薬剤耐性変異株の出現が少なく、治療効果にも優れるので、核酸アナログ製剤未治療の患者への第一選択薬として推奨されると共に、既存の核酸アナログ剤に耐性を示す患者にも、既存薬と併用して適用できます。

副作用は、吐き気や嘔吐、下痢や腹痛などの胃腸症状です。重い副作用は多くありませんが、まれに急性腎不全など重い腎機能障害や乳酸アシドーシスを起こすことがあります。特に、もともと腎臓の悪い人は要注意です。
用語集TOPに戻る