プレドニゾロン製剤(プレドニン)とは
弁護士法人法律事務所MIRAIO

0120-783-005 平日10:00〜18:00

プレドニゾロン製剤(プレドニン)

プレドニゾロン製剤は、合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)で、抗炎症作用、抗アレルギー作用、免疫抑制作用のほか、広範囲にわたる代謝作用を示します。
通常、内科・小児科、外科など各科のさまざまな病気の治療に用いられますが、病気の原因そのものを治す薬ではありません。

プレドニゾロンは、B型肝炎の免疫療法(ステロイドリバウンド療法)で使用されます。

副作用として、消化不良、視力の低下、口の渇き、食欲の増加、発疹などが現れます。このような症状が現れたときは服用を止め、すぐ医師に報告してください。

関連項目

用語集TOPに戻る