B型肝炎ワクチンとは
弁護士法人法律事務所MIRAIO

0120-783-005 平日10:00〜18:00

B型肝炎ワクチン

体内にB型肝炎ウイルス(HBV)に対する抗体を作り、HBVの感染を予防するための注射薬です。
B型肝炎ワクチンはHBs抗原に免疫賦活剤(免疫を活性化する薬)を吸着させたもので、一般に3回の接種が必要とされ、3回目の接種の1ヵ月後にHBs抗体検査を行ってワクチン効果の有無を確認します。臨床試験では、抗体獲得率は95%を超えます。ワクチンの接種は、たとえばHBVに感染している母親から新生児へのHBV感染、HBVに感染しているパートナーから性交渉を介してのHBV感染を防ぐ目的で行われます。
用語集TOPに戻る