除斥期間とは
弁護士法人法律事務所MIRAIO

0120-783-005 平日10:00〜18:00

除斥期間

民法において定められている「除斥期間」という制度により、「不法行為の時」から20年間を経過すると、損害賠償請求権が消滅することとされています。B型肝炎訴訟では、除斥期間の起算点(不法行為の時)については、無症候キャリアの方は、集団予防接種等を受けた日(二次感染者は出生時等)になりますが、慢性肝炎などを発症した方はその症状が発症した日、亡くなられた方は死亡日になります。

●民法724条
不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害および加害者を知った時から3年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から20年を経過したときも、同様とする。
用語集TOPに戻る