金銭トラブルの事例一覧

弁護士法人法律事務所MIRAIO(ミライオ)

  • 金銭トラブル
  • 事例一覧

0120-783-005 平日10:00〜18:00

金銭トラブル

事例一覧

売掛金回収の交渉支援サービス
■Aさん(40歳 男性)
Aさんは、取引先から売掛金を支払ってもらえず、困っていました。 その取引先は、特に資産繰りが苦しい様子もないのに、もう少し待って欲しいと繰り返すばかりだったので、 Aさんはミライオに相談しました。
ミライオに依頼
Aさんは、ミライオの内容証明作成サービスを利用し、弁護士名による催告書を内容証明郵便で送りました。 この取引先は、支払能力はあるのに支払いを先延ばししていただけなので、弁護士名による催告書を見て、即座に入金してきました。
■Bさん(42歳 男性)
Bさんは取引先に製品を売却しましたが、代金を支払ってもらえないまま、もうすぐ2年が経過しようとしていました。 Bさんは、消滅時効期間が近づいていることが心配になり、何か良い方法はないかとミライオに相談しました。
ミライオに依頼
Bさんはミライオの代理交渉サービスを利用しました。弁護士が間に入り、内容証明郵便を送付した上で取引先と交渉をした結果、 代金の支払いについて合意に達することができました。これにより、売掛金の消滅時効を確定的に中断することができました。
裁判手続支援サービス
■Aさん(45歳 女性)
Aさんは、取引先に対して少額の売掛金を有していましたが、なかなか支払ってもらえませんでした。 Aさんは、裁判を起こしてでも回収したいと思いましたが、弁護士を頼むと弁護士費用の方が高くなってしまわないかが心配で、ミライオに相談しました。
ミライオに依頼
Aさんは自分で少額訴訟を起こし、法的に主張を構成した書面を裁判所に提出した結果、速やかに勝訴判決を得ることができました。 また、弁護士費用も安く抑えることができました。
■Bさん(59歳 男性)
Bさんは取引先に対して売掛金の支払いを求める裁判を起こすことを検討しました。 ただ、裁判が長引くと、唯一のめぼしい資産である不動産を取引先が処分してしまわないかが心配で、ミライオに相談しました。
ミライオに依頼
Bさんは、ミライオの保全手続支援サービスを利用し、取引先の不動産に対して仮差押手続きをとりました。 これにより、取引先は一時的に不動産を処分することができなくなり、Bさんは落ち着いて裁判手続きに臨むことができました。
■Cさん(69歳 女性)
Cさんは、取引先に対して売掛金回収を求める裁判を起こし、勝訴判決が確定しました。 ただ、取引先は判決を無視し、売掛金を支払おうとしなかったので、Cさんはミライオに相談に来ました。
ミライオに依頼
Cさんは、ミライオの強制執行手続支援サービスを利用しました。 その結果、相手の資産を差押さえ、売掛金全額を回収することができました。