【アスベスト訴訟】国から最大1300万円の賠償金が支払われます!

解体作業

アスベスト(石綿)による健康被害を受けた次の方には、国から最大1300万円の賠償金・給付金が支払われる可能性があります。

1 アスベスト工場で働いていた方 

2 建設作業現場で働いていた方

3 ご遺族(相続人)の方

まずは法律事務所MIRAIOにご相談ください!

相談料・着手金無料

0120-783-005
24時間365日受付

アスベスト工場で働いていた方

工場

アスベスト工場で働いていた方は、次の条件を満たすと、国から賠償金が支払われる可能性があります。
ご本人が亡くなられている場合は、ご遺族の方に支払われる可能性があります。

賠償金が支払われる条件

1 1958年5月26日から1971年4月28日までの間に、局所排気装置を設置すべきアスベスト工場内において、アスベスト粉じんにばく露する作業に従事したこと。

2 アスベストによる一定の健康被害を被ったこと。

3 提訴の時期が損害賠償請求権の期間内であること。
※損害賠償請求権の期間内にあたるかどうかは、弊所にて確認します。

賠償金の金額

国の賠償金の金額は、アスベスト被害の病態(症状)に応じて、次のように定められています。

病態賠償金
石綿肺

病状に応じて
550万円~1150万円

肺がん
中皮腫
びま
ん性胸膜肥厚

1150万円
死亡病状に応じて
1200万円~1300万円

必要書類

国へ損害賠償請求をするには、次のような書類が必要です。

アスベスト訴訟の必要書類

まずは、MIRAIOにご相談ください。

0120-783-005
24時間365日受付

建設作業現場で働いていた方

建築現場

2021年5月、最高裁判所の判決により、屋内の建設現場作業員に対しても、国の賠償責任があることが確定しました。
これを受けて、2021年5月18日、国と建設アスベスト訴訟原告団・弁護団との間で「基本合意書」が締結されました。基本合意書で合意された内容は次のとおりです。

2021年5月17日までに提訴している場合の和解の条件

1 次の作業に従事して、アスベスト粉じんに曝露した(さらされた)こと

  1. 1975年10月1日から2004年9月30日までの間の、屋内建設作業(屋内吹付作業を含む)
  2. 1972年10月1日から1975年9月30日までの間の、吹付作業

※ただし、判決で認められた作業である必要があります。

2 石綿肺、中皮腫、肺がん、びまん性胸膜肥厚、良性石綿胸水などのアスベスト関連疾患を患ったこと

3 民法に定める時効期間が経過していないこと

※患者が死亡している場合は、遺族(相続人)が和解することができます。

判決で認められた主な職種・作業
大工、内装工、電工、吹付工、左官工、塗装工、タイル工、配管工、ダクト工、空調設備工、鉄骨工、溶接工、ブロック工、保温工、鳶工、墨出し工、型枠大工、解体工、はつり工、築炉工、エレベーター工、サッシ工、シャッター工、電気保安工、現場監督

2021年5月17日までに提訴している場合の和解金の金額

2021年5月17日までに提訴している場合の和解金の金額は、アスベスト関連疾患の病態(病状)に応じて、おおまかには次のとおりです。

病態和解金
石綿肺

病状に応じて
550万円~1150万円

肺がん、中皮腫
著しい呼吸機能障害を伴うびまん性胸膜肥厚
良性石綿胸水

1150万円
死亡病状に応じて
1200万円~1300万円

※肺がん、肺がんによる死亡の場合で、患者に喫煙歴が認められた場合は、10%減額されます。
※屋内建設作業(屋内吹付作業も含む)、吹付作業に従事し、アスベスト粉じんに曝露した期間が、次の期間に満たない場合は、10%減額されます。

  • 石綿肺、肺がんの場合:10年
  • 中皮腫、良性石綿胸水の場合:1年
  • びまん性胸膜肥厚の場合:3年

2021年5月17日時点で未提訴の被害者に対する補償について

2021年5月17日時点で未提訴のアスベスト被害者に対しても、補償がなされる制度を整えるため、国会で法律(特定石綿被害建設業務労働者等に対する給付金等の支給に関する法律)案が審議されていましたが、2021年6月9日付で成立しました。

この法律では、給付金の対象者や条件、給付金の金額は、2021年5月17日までに提訴している場合とほぼ同様となっています。

給付金の対象者

1 次の業務に従事して、アスベスト粉じんに曝露した(さらされた)こと

  1. 1975年10月1日から2004年9月30日までの間の、屋内作業場であって厚生労働省令で定めるものにおいて行われた作業に係る業務
  2. 1972年10月1日から1975年9月30日までの間の、石綿の吹付けの作業に係る業務

2 石綿肺、中皮腫、肺がん、びまん性胸膜肥厚、良性石綿胸水などのアスベスト関連疾患を患ったこと

3 民法に定める時効期間が経過していないこと

給付金の額

病状に応じて550万円から1300万円となります。
また、給付金を受けた後に、症状が進展してしまった場合には、追加給付金も支給される予定です。

病態給付金
石綿肺

病状に応じて
550万円~1150万円

肺がん、中皮腫
著しい呼吸機能障害を伴うびまん性胸膜肥厚
良性石綿胸水

1150万円
死亡病状に応じて
1200万円~1300万円

※肺がん、肺がんによる死亡の場合で、患者に喫煙歴が認められた場合は、10%減額されます。
※屋内建設作業(屋内吹付作業も含む)、吹付作業に従事し、アスベスト粉じんに曝露した期間が、次の期間に満たない場合は、10%減額されます。

  • 石綿肺、肺がんの場合:10年
  • 中皮腫、良性石綿胸水の場合:1年
  • びまん性胸膜肥厚の場合:3年

ご不明な点があれば、法律事務所MIRAIOへご相談ください。

0120-783-005
24時間365日受付

アスベスト訴訟なら、法律事務所MIRAIOへ

アスベスト被害について、国へ損害賠償請求をお考えの場合は、まずはMIRAIOにご相談ください。

法律事務所MIRAIOのホームページはこちら!

ロゴ枠あり

MIRAIOの特長

MIRAIOの特長をご紹介します。

相談料・着手金は無料!完全成功報酬!

弁護士報酬は、賠償金・給付金の15%(税込16.5%)のみの完全成功報酬です。
相談料や着手金は一切いただきません!

必要書類の収集を代行します!

医療記録などの書類は、MIRAIOが代わりにお取りすることができますのでスムーズな書類収集が可能です。
※ご本人以外は取得できない書類もありますので、ご了承ください。
※書類取得には、報酬とは別に実費がかかります。

B型肝炎訴訟で7900件以上の解決実績があります!

アスベスト訴訟と同じような国への賠償請求訴訟である「B型肝炎訴訟」で、7900件以上の解決実績があります。
安心してお任せください。

弁護士報酬

相談料 無料
着手金 無料
成功報酬 獲得した賠償金・給付金の15%(税込16.5%)
※訴訟にかかる実費(印紙代,切手代など)は、別途いただきます。

相談料・着手金無料

ご相談の流れ

次のような流れでご相談、手続きを行います。

1 WEB・電話でのお問い合わせ

オペレーターご自身やご家族も対象になるかもしれないと思われたら、お気軽にお問い合わせください。まずは、簡単な情報をお聞きし、対象になりうるかどうかを確認します。

 

2 弁護士とのご相談

弁護士面談弁護士がより詳しい内容をお聞きして、賠償金の対象になるかどうかを検討します。今後の手続きや必要書類についてもご案内します。ご相談料は無料です。

 

3 必要書類の収集

書類の束アスベスト(石綿)が原因で健康被害を被ったことを証明するため、労災関係の書類や医療記録が必要となります。
MIRAIOで代わりに収集できる書類もありますので、ご安心ください。

 

4 裁判手続き/申請手続き

訴訟訴状/申請書類を作成して、提出します。
裁判手続き/申請手続きはすべてMIRAIOで対応しますので、ご本人が裁判所などに出頭することはありません。

 

5 和解成立

和解賠償金の条件が満たされていることが確認されれば、和解金/給付金が支払われます。

 

 

6 和解金/給付金の振り込み

通帳を確認する女性弁護士報酬等を精算して、ご指定の口座にお振込みいたします。

 

 

0120-783-005
24時間365日受付

よくあるご質問

よくあるご質問をご紹介します。

中皮腫や肺がんと診断されていますが、アスベストが原因なのかわかりません。それでも賠償金・給付金を請求できますか?

1958年5月26日から1971年4月28日までの間アスベストを扱う工場で働いていたり、1972年10月1日から2004年9月30日までの間に、アスベスト扱う屋内の建設作業現場で働いたことがあれば、賠償金が支払われる可能性があります。まずはご相談ください。

自分が賠償金・給付金の対象になる病気なのかどうかわかりません。どこの病院で診てもらえばよいですか?

まずはかかりつけ医にご相談ください。また、全国24の労災病院に「アスベスト疾患センター」が設置されていますので、より詳しい検査をお望みの場合は、センターの受診をお勧めします。

勤めていた工場や建設会社はすでになくなっていますが、賠償金・給付金はもらえますか?

勤め先がなくなっていても、賠償金の条件を満たせば、賠償金・給付金が支払われます。

労災保険や石綿健康被害救済法による給付を受けていても、賠償金・給付金をもらえますか?

労災保険や石綿健康被害救済法による給付を受けていても、それとは別に賠償金・給付金が支払われます。

昔、アスベストを扱う仕事をしていましたが、特に身体に異常はありません。それでも賠償金・給付金をもらえますか?

健康被害が全くなければ、賠償金・給付金の対象になりませんが、健康管理手帳が交付される可能性があります。健康管理手帳の交付を受けると、年2回の健康診断が無料で受けられます。アスベストによる疾患の潜伏期間は、10年から50年と非常に長期間ですので、定期的に健康診断を受けられることをお勧めします。

賠償金・給付金を請求したら、そのことが周りに知られてしまいますか?

賠償金・給付金を請求しても、そのことが公表されることはありません。当然ですが、弁護士には厳しい守秘義務がありますので、MIRAIOが情報を公開することもありません。

賠償金・給付金を請求する手続きは難しいですか?

請求手続きは、すべてMIRAIOが対応しますのでご安心ください。必要書類の収集についても、全面的にMIRAIOがサポートしますので、難しいことはありません。