B型肝炎の検査や治療にはどのような助成金がある?申請方法や必要書類は?

よくある質問

B型肝炎の助成金制度について、よくあるご質問にお答えします。

都道府県による、次のような助成金制度があります。
ただし、都道府県によっては条件や金額が異なる可能性がありますので、詳しくは都道府県窓口にお問い合わせください。

  1. 肝炎初回精密検査費用助成
  2. 肝炎定期検査費用助成
  3. 肝炎治療医療費助成

1.肝炎初回精密検査費用助成

肝炎ウイルス検診、健康診断、妊婦検診、術前検査でB型肝炎陽性と判定されてから1年以内に受ける精密検査の費用の1回分が助成されます。

2.肝炎定期検査費用助成

収入が一定額未満の方が、B型肝炎ウイルスによる慢性肝炎、肝硬変、肝がんの治療中に、都道府県指定の肝臓専門医療機関で受ける定期検査の費用の一部が助成されます。

3.肝炎治療医療費助成

インターフェロンや核酸アナログ製剤(バラクルード、テノゼット、ベムリディなど)という薬による治療を受ける場合、月あたり10,000円(一定額以上の収入がある場合は20,000円)を超える医療費が助成されます。

Q B型肝炎の助成金の申請方法や必要書類は何ですか?

助成金を申請するには、必要書類を揃えて、都道府県の窓口に提出します。
必要書類の細かい内容や申請方法は、都道府県によって異なりますので、詳しくは各都道府県の窓口にお問い合わせください。

例えば、東京都に申請するときの必要書類は、次のように定められています。

1.肝炎初回精密検査費用助成(職場の健康診断で検査を受けた場合)

  • 初回精密検査費用請求書
  • 医療機関の領収書(原本)
  • 医療機関の診療明細書(原本)
  • 健康診断で実施した肝炎ウイルス検査の結果通知書のコピー
  • 住民票(請求日前3か月以内に発行のもの)(原本)
  • フォローアップ事業参加同意書
  • 職域検査受検証明書

2.肝炎定期検査費用助成

  • 定期検査費用請求書
  • 東京都肝臓専門医療機関の領収書(原本)
  • 東京都肝臓専門医療機関の診療明細書(原本)
  • 住民票(世帯全員の記載のあるもので、請求日前3か月以内に発行のもの)(原本)
  • 住民税非課税証明書または課税証明書(原本)
    ※区市町村民税額決定通知書のコピー、または区市町村民税納税通知書のコピーでも可
  • 区市町村民税額合算対象除外申請書 
    ※該当する方のみ
  • 東京都肝臓専門医療機関の肝臓専門医が記載した診断書(原本)
  • フォローアップ事業参加同意書 
    ※同一年度内において初めて定期検査費用を請求する方のみ

3.肝炎治療医療費助成

  • B型ウイルス肝炎治療医療費助成申請書
  • B型ウイルス肝炎治療医療費助成に係る診断書
  • 住民票(世帯全員の記載のあるもので、請求日前3か月以内に発行のもの)(原本)
  • 健康保険証の写し
  • 住民税非課税証明書または課税証明書(原本)
    ※区市町村民税額決定通知書のコピー、または区市町村民税納税通知書のコピーでも可

なお、肝炎治療医療費助成については、次の記事もご参照ください。

関連記事
B型肝炎の治療費はいくら?医療費助成制度の対象や自己負担額は?
B型肝炎の治療費はいくら?医療費助成制度の対象や自己負担額は?
 2022.07.01