最終的には審判で決着!相手が婚姻費用分担請求調停に欠席した時の対処法

悩み

別居中の夫と婚姻費用について話し合いたいけれど、拒否されている。
婚姻費用分担請求の調停を申し立てようと思うが、夫は調停を欠席しそうな気がする。
相手が調停を欠席した場合、どうなってしまうのだろう…?

婚姻費用について、相手と話し合い(協議)によって分担を決めようとしても、相手が話し合いを拒否してしまい、決着がつかない事があります。
協議で決着がつかない場合、調停で解決を目指すことが一般的ですが、「話し合いもできない相手が、調停に出席するはずがない」と、相手が調停を欠席することを不安に思っている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、相手が婚姻費用分担請求の流れと、相手が調停を欠席した場合はどのようにして婚姻費用を請求すればいいのかについて解説していきます。
この記事を最後まで読めば、相手が調停を欠席しそうな場合でも、婚姻費用分担請求が行えることを理解でき、安心して調停に臨めるようになるでしょう。

婚姻費用を相手に請求する方法

話し合い相手に婚姻費用の支払いを求める場合、「婚姻費用を請求している」こと意思表示する必要があります。

婚姻費用を相手に請求する方法

まずは、話し合いを行う

相手に婚姻費用を請求する場合、まずは夫婦間で話し合いを行います。話し合いで合意できた場合は、「公正証書」の形で合意書を作成しておくことが望ましいでしょう。強制執行認諾文言のついた公正証書であれば、婚姻費用の不払いがあった際も、裁判無しで強制執行を行うことができるため、単なる合意書よりもずっと有効です。

婚姻費用を相手に請求する方法

内容証明郵便を送る

別居していて話し合いが難しい場合、「内容証明郵便」を用いて、相手に婚姻費用を請求している旨を伝えることが一般的です。内容証明郵便とは、いつ誰が誰にどのような内容の文章を差し出したのか証明される郵便制度です。内容証明郵便を送る事で、「婚姻費用を支払ってほしい」「婚姻費用について話し合いがしたい」と意思表示をした証拠が郵便局に残り、相手が文書への対応をしなければ、相手が誠実な対応を取らなかった証拠が残ります。

婚姻費用を相手に請求する方法

婚姻費用分担請求調停を申立てる

夫婦間の話し合いで婚姻費用が決められなかった場合、家庭裁判所に婚姻費用分担請求調停を申し立てます。
婚姻費用分担請求調停では、夫婦の間に調停委員が入り、調停委員が双方の言い分を聞いて話し合いを進めていきます。
調停が成立した場合、合意内容を記した調停調書が双方に郵送され、支払う側は調停調書に従って婚姻費用の支払いを行います。
調停が不成立の場合、審判に移行します。

婚姻費用を相手に請求する方法

調停不成立の場合、審判によって裁判官が金額を決定する

調停が不成立となった場合、審判によって裁判官が金額を決定します。審判は調停のように双方の話し合いによる解決方法ではなく、調停で提出された収入資料や双方の言い分などによって裁判官が判断し、分担金額を決定します。

婚姻費用分担請求調停の申立ての流れ

裁判所次に、婚姻費用分担調停の申し立ての流れを見てみましょう。

婚姻費用分担請求調停の申立ての流れ

第一回調停期日の日程が通知される

婚姻費用分担請求調停の申し立てから2週間前後で第1回調停期日の日程が双方に通知されます。
基本的には、第1回調停期日の日程は、申立人の都合のいい日で決めることができます。

婚姻費用分担請求調停の申立ての流れ

第1回目の婚姻費用分担請求調停を行う

裁判所から通知された日時に裁判所に出廷し、双方が調停委員に言い分を伝えます。
話し合いを進める際には、双方はそれぞれ別室の待合室で待機し、交互に調停委員に主張を行うため、夫婦が顔を合わせることはありません。なお、裁判所によっては調停の開始時にのみ、当事者双方同席で調整の進め方を説明することもございます。
一度目の調停で婚姻費用の金額について、合意できれば調停が成立し、合意できなければ2回目以降の調停が行われます。

婚姻費用分担請求調停の申立ての流れ

第1回目の調停が成立しなければ、第2回目以降の婚姻費用分担請求調停を行う

1回目の調停と同様に、調停委員が双方から言い分を聞き、話し合いを勧めます。
調停では解決ができなかった場合、審判に移ります。

婚姻費用分担請求調停を相手が欠席した場合

連絡婚姻費用分担請求調停を相手が欠席した場合、「欠席の連絡」があったかどうかが重大なポイントとなります。

婚姻費用分担請求調停を相手が欠席した場合

第1回目の調停を欠席した場合

欠席の連絡があった場合

調停期日は、原則として申立人の都合で決定されるため、相手から欠席の連絡があった場合は、相手の主張を聞く期日が延期されます。
相手が欠席した場合でも、申立人の主張の聞き取りは行われます。

欠席の連絡無く、欠席した場合

相手が欠席の連絡をせずに欠席した場合、調停委員が申立人に対して「相手が今後調停に出席しそうか」、「相手と連絡がとれるか」確認します。
申立人に確認し、相手が出席する見込みが薄いと判断された場合、調査委員から相手に出頭勧告が行われます。
出頭勧告をしても相手が調停に出席しない場合、調停が終了し、審判に移行します。
なお、相手が欠席した場合でも、申立人の主張の聞き取りは行われます。

婚姻費用分担請求調停を相手が欠席した場合

2回目以降の調停を欠席した場合

基本的に、相手が連絡をしないまま第2回目の調停も欠席した場合、審判に移行します。審判では、調停中に提出した資料や言い分をもとに、婚姻費用の支払い額を決定します。
相手が調停に出席しなかった場合、相手側の言い分・資料がないため、原則的には裁判官が事実認定した双方の収入額や、申立人の言い分、算定基準を元に婚姻費用を定めます。 

離婚についてこの様なお悩みはありませんか?
divorce

  ・相手が離婚に応じてくれない
  ・離婚時の財産分与をどうしたらいいか分からない
  ・不倫相手にも慰謝料を請求したい
  ・別居中の生活費を請求したい
  ・婚姻費用の支払いで生活が苦しく減額請求をしたい   など

離婚は結婚と同様、一生を左右する重要な問題です。また、離婚問題には、子供の問題(親権)、財産の清算問題、さまざまな給付の問題(婚姻費用、養育費)などもからんできますので、専門家によるアドバイスは必要不可欠です。

弁護士法人法律事務所MIRAIOでは、これまで多くの離婚案件を扱ってきた実績があり、弁護士が丁寧にお話を伺い、皆様のお悩みを解決致します。

法律事務所MIRAIOのホームページはこちら
https://www.miraio.com/

離婚トラブルの解決を弁護士に依頼するメリット

弁護士弁護士に依頼することで、次のようなメリットがあります。 

離婚トラブルの解決を弁護士に依頼するメリット

適切な慰謝料・養育費の算出、専門的書類の作成をしてもらえる

離婚に伴う金銭について、相手方とトラブルが生じるケースは珍しくありません。離婚後の生活に大きな影響をもたらす慰謝料や養育費などを適切な金額で相手方に請求するには、専門的な知識と経験が求められます。
この様な離婚に伴う金銭トラブルが生じた際、弁護士に交渉を依頼することで、適切な金額を得られる可能性が高くなります。また、相手方が支払いを滞らせているケースでは、弁護士が調停や裁判などの代理人を務め、相手方に支払いを促すことが可能です。

離婚トラブルの解決を弁護士に依頼するメリット

交渉や訴訟の代理人になってもらえる

調停や裁判等、離婚を実現するまでには多くの複雑な手続きが必要になる場合があります。
離婚の際には、離婚手続き以外にも、職場への連絡や引っ越しなど、離婚に伴う生活環境の変化への準備に多くの時間と労力が必要となります。
弁護士に代理を依頼することで、離婚手続きに伴う時間や労力、また、精神的な負担を軽減させることができます。

離婚トラブルの解決を弁護士に依頼するメリット

一人一人の状況にあった適切なアドバイスが貰える

配偶者と離婚したいと思っても、どのようにして離婚手続きを行えばいいのか分からないという方が多くいらっしゃると思います。
財産分与や親権などの条件が妥当なのか、相手の提示よりも良い条件で離婚するにはどうしたらいいのか、など分からないことや不満が有っても、「話し合うのも大変だから」と、相手の言いなりに離婚手続きを進めてしまうケースは珍しくありません。
この様な時、弁護士に相談すれば、有利に離婚をするにはどのようにしたら良いのか、状況に応じた適切なアドバイスがもらえます。
離婚について、相手の言い分に疑問を感じたら、離婚届に判子を押す前に一度弁護士に相談してみましょう。

MIRAIOが選ばれる理由

頼もしい弁護士MIRAIOには次のような強みがあります。

MIRAIOが選ばれる理由

約39万件の相談実績

39万件(2002年~20213月末日現在)という相談実績数は、ミライオの豊富なノウハウと問題解決までのスピードを証明しています。

MIRAIOが選ばれる理由

専門家ネットワークによるワンストップサービス

弁護士だけでなく、各分野の専門家とのネットワークを構築し、必要に応じてチームを組んで事件処理にあたります。
色々な事務所に相談する必要がなく、ワンストップでのサービスが可能となっています。

MIRAIOが選ばれる理由

パラリーガルの活用

「パラリーガル」という法律事務専門スタッフを活用することにより、弁護士の生産性を大幅に上げています。
また、業務を細分化し、チーム制により専業化することで、業務効率化を実現し、スピーディーな事件処理が可能となっています。

MIRAIOが選ばれる理由

IT導入による徹底した情報管理

MIRAIOは弁護士業務にいち早くITを導入し、事件処理のシステム化を推進してきました。
お客様からお預かりするさまざまな個人情報は、すべてITにより一元管理されており、万全のセキュリティ体制が整備されています。

MIRAIOが選ばれる理由

安心の料金体系

MIRAIOでは、弁護士報酬などの各種費用を明示しています。
さらに、システム化と業務効率化により、リーズナブルな料金体系も実現しています。

MIRAIOが選ばれる理由

初回相談料無料!

MIRAIOでは離婚トラブルの初回相談料は無料です。安心してご相談ください。

弁護士に相談

相手とうまく協議が行えるか心配だ、慰謝料が請求できるのか知りたい、婚姻費用の分担について相談したい、など

少しでもお困りの事がございましたら、悩む前にお気軽に法律事務所MIRAIOにご相談下さい。

法律事務所MIRAIOのホームページはこちら
https://www.miraio.com/
MIRAIOロゴ最後までお読みいただき、ありがとうございます。