駐車場などで当て逃げされた時の対応|加害者特定や使える保険も解説

車の傷を見ながら電話する人
放心状態の男性

駐車場に車を停めていたところ、車に真新しい傷が・・・!当て逃げされた!!
犯人がわからないと修理代は請求できないの?
もう泣き寝入りするしかないのかな・・・?

交通事故で加害者が逃げてしまうことはそこまで多いことではありません。
もっとも、車に傷がついたくらいの事故であれば、当たった認識が無かったり、軽い事故なのでと当て逃げしまう人もいます。

この記事では、次の内容について説明します。

  • 当て逃げされたらとるべき2つの対応
  • 当て逃げした加害者に請求できる賠償項目
  • 当て逃げした加害者がわからない場合の対応

これを読んで、当て逃げされたときの対応を確認しましょう。

当て逃げされたらとるべき2つの対応

通報する人当て逃げされたことがわかったら、次の2つの対応をとりましょう。

  • できるだけ加害者の情報を収集する
  • すぐに警察に通報する

当て逃げされたらとるべき2つの対応

できるだけ加害者の情報を収集する

乗車中に当て逃げされた場合など、目の前で当て逃げされたら、加害者の車の車種、色、タイプなどを忘れないようにメモしておきましょう。とっさに対応するのは難しいかもしれませんが、運転中でなければ、スマートフォンなどで撮影するのも有効な手段です。

ドライブレコーダーを付けている場合は、事故時のデータが消えてしまわないように保存しておきましょう。

当て逃げされたらとるべき2つの対応

すぐに警察に通報して被害届を出す

当て逃げされたとわかった段階で、すぐに警察に通報して被害届を出しましょう。
後日当て逃げに気付いた場合にも、その段階ですぐに警察に通報しましょう。

警察への通報が遅れてしまうと、警察から「自分で傷をつけたのに当て逃げにしようとしている」と疑われてしまうリスクも生じますし、当て逃げから時間が経てば経つほど、当て逃げ犯を特定するのが難しくなります。

警察には、当て逃げされたと思われる日時や場所、被害の程度などを伝えるようにしましょう。

当て逃げした加害者に請求できる賠償項目

当て逃げであっても加害者が特定できれば、加害者に対し、損害賠償請求できます。
その場合に請求できる主な項目は以下のとおりです。

物損の賠償項目
  • 車やバイクの修理代
  • 代車費用

なお、物損の賠償項目については、次の記事もご参照ください。

関連記事
交通事故での車の修理代も加害者に請求!請求できる範囲と相場を解説
交通事故での車の修理代も加害者に請求!請求できる範囲と相場を解説
 2022.05.18
怪我をした場合の賠償項目
  • 治療費
  • 交通費
  • 休業損害
  • 慰謝料

なお、示談金の内容や相場については、次の記事もご参照ください。

関連記事
交通事故の示談金とは?示談金内訳と計算基準や相場をかんたん解説!
交通事故の示談金とは?示談金内訳と計算基準や相場をかんたん解説!
 2022.07.22

当て逃げした加害者がわからない場合の対応

防犯カメラ損害賠償請求をするためには、最低でも事故を起こした加害者を特定する必要があります。
当て逃げされたのがいつかわからない、加害者が誰なのかわからないなどの場合は、次の対応を検討しましょう。

  • 警察に捜査を依頼する
  • 保険や政府保障事業の制度を利用する

当て逃げした加害者がわからない場合の対応

警察に捜査を依頼する

警察に当て逃げ被害を申告するとともに、当て逃げについてしっかり捜査してもらうように警察に伝えましょう。
警察が事故現場付近の防犯カメラを捜査することにより、当て逃げ犯を特定できる場合もあります。

当て逃げした加害者がわからない場合の対応

保険や政府保障事業の制度を利用する

警察が捜査したものの加害者が特定できない場合には、加害者に対して損害賠償請求することができなくなります。そうなると、弁護士に依頼することも難しいです。

その場合には、自身の保険や政府保障事業の制度を利用する方法があります。

自身の保険を利用する

ご自身が加入している任意保険会社に、当て逃げされたことを伝えたうえで、適用できる保険を確認しましょう。車両保険人身傷害補償特約による補償を受けられる場合があります。

政府保障事業を利用する(怪我をしている場合のみ)

政府保障事業とは、自動車損害賠償保障法に基づき、自賠責保険(共済)の対象とならない「ひき逃げ事故」や「無保険(共済)事故」にあわれた被害者に対し、法定限度額の範囲内で、健康保険や労災保険等の他の社会保険の給付(他法令給付)や本来の損害賠償責任者の支払によっても、なお被害者に損害が残る場合に、最終的な救済措置として、政府(国土交通省)がその損害をてん補する制度です。

これは、損害保険会社(組合)の全国各支店等の窓口が受付をしていますので、そこに必要書類を提出して申請することになります。

なお、保障内容は自賠責保険の支払い基準とほぼ同じなので、物損のみの場合には使用することができません

詳しくは、損害保険料算出機構のWEBサイトもご確認ください。こちらのサイトでは、請求に必要な書類をダウンロードすることもできます。

まとめ

いかがでしょうか。当て逃げされた時の対応がわかりましたでしょうか。
当て逃げされたら、まず、

  • できる限り加害者の情報を残す
  • 当て逃げがわかった時点ですぐに警察に通報する

を行ってください。

当て逃げの犯人がわかった場合には、加害者に対して損害の賠償請求をしていきますが、警察の捜査によっても加害者が特定できない場合には、

  • 自身の任意保険を使用する
  • 政府保障事業を利用する(怪我をしている場合のみ)

を検討してください。

当て逃げの犯人がわからない場合には、弁護士に相談してもほとんど意味がないために、ご自身で上記対応を行う必要があります。