B型肝炎訴訟とは何か?その歴史と給付金制度の概要を解説します

天秤とハンマーと本
疑問を抱える女性

どうしてB型肝炎に感染していると国から給付金が出るの?
そもそもB型肝炎訴訟ってなに?

B型肝炎訴訟というのは、集団予防接種によりB型肝炎に感染した方が、国による損害賠償を求めて起こした訴訟のことです。

なぜ、集団予防接種でB型肝炎感染が広がってしまったのか?
なぜ、そのことで国の責任が問われたのか?

予防接種とB型肝炎の歴史を振り返ることで、その理由を解き明かしていきます。
また、B型肝炎訴訟によって勝ち取られた給付金制度についても紹介します。

これを読んで、B型肝炎訴訟の実態を把握し、あなたも給付金の対象になるかどうか確認してみましょう。

B型肝炎とは?

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスに感染することによって起こる肝臓の病気です。

B型肝炎ウイルスの感染経路

B型肝炎ウイルスは、血液などの体液を介して感染します。

主な感染経路としては、母子感染(出産前後に、母親から胎児や出生児に感染すること)、父子感染などの家族内感染、性交渉などがあります。

以前は、輸血集団予防接種時の注射器の回し打ちでも感染が起こっていましたが、現在はしっかりと感染予防がされています。

B型肝炎ウイルスに感染するとどうなる?

ウイルスに感染した肝臓B型肝炎ウイルスが肝臓の細胞に入り込むと、免疫機能によって、ウイルスを体外に排除しようとしますが、その際に肝臓の細胞(肝細胞)も一緒に攻撃してしまうために、肝臓が炎症を起こし、肝機能が低下してしまいます。
これが肝炎です。

具体的な症状としては、次のようなものがあります。

  • 食欲不振
  • 全身のだるさ(けん怠感)
  • 発熱
  • 吐き気と嘔吐
  • 黄疸(皮膚と白眼が黄色に変色すること)

免疫機能が発達した大人がB型肝炎ウイルスに感染すると、1か月から6か月の潜伏期間を経て、肝炎を発症します。症状は数週間から最大6か月継続します。
これが急性肝炎です。

一方、免疫機能が未熟な乳幼児期にB型肝炎ウイルスに感染すると、ウイルスを体外に排除することができずに、ウイルスが体内に残り続けてしまいます。
このようにして、ウイルス感染が6か月以上継続することを持続感染といいます。

持続感染した人の85%~90%は、無症状のままですが、10%~15%の人は慢性肝炎(6か月以上、肝機能異常が継続すること)を発症します。
さらに、そのうち数パーセントの人は、肝硬変肝細胞がんに進行してしまう恐れがあります。

肝がんまでの経過

B型肝炎訴訟とは?

B型肝炎訴訟とは、幼少期の集団予防接種等(予防接種またはツベルクリン反応検査)によって、B型肝炎ウイルスに感染した方などが、国に損害賠償を請求するための訴訟のことです。

昔の集団予防接種等では、注射器(注射針や注射筒)の回し打ちが横行していました。そのため、子どもから子どもへとB型肝炎ウイルスの感染が拡がってしまったのです。

国は、このような事態を把握できたにもかかわらず、注射器の回し打ちを止めるよう適切な指導をしませんでした。そのため、国の過失が問われたのです。

B型肝炎訴訟の歴史

B型肝炎訴訟の歴史を、B型肝炎ウイルスや予防接種の歴史とともに確認していきましょう。

時期出来事
1945(昭和20)年イギリスで、集団予防接種等の際には、接種ごとに滅菌された針・注射筒を用いることが提唱される。
1948(昭和23)年7月1日予防接種法が施行され、一定の予防接種が義務化される。
1950(昭和25)年頃血清肝炎(血液感染する肝炎)の存在が認識され、ウイルスが注射により感染する可能性があることなどが指摘される。
1953(昭和28)年WHO(世界保健機関)が、予防接種の際の注射器の連続使用を止めるように勧告する。
1958(昭和33)年9月予防接種実施規則が制定され、接種用器具の滅菌と、注射針をひとりごとに取り替えることが義務付けられた。
1963(昭和38)年1月国産初のディスポーザブル注射筒(使い捨て注射筒)が発売される。翌年1月には、同様の注射針も発売される。
1965(昭和40)年オーストラリア抗原(B型肝炎ウイルス)の発見
1970(昭和45)年B型肝炎ウイルスに感染することで、肝炎を起こすことが認識され始める。
1972(昭和47)年1月献血でB型肝炎(HBs抗原)検査が始まり、血液製剤のB型肝炎スクリーニングが始まる。
⇒輸血によるB型肝炎感染は減少
1986(昭和61)年1月B型肝炎に感染している(HBs抗原陽性)母から生まれた子への、B型肝炎ワクチン、抗HBs人免疫グロブリン投与が始まる。
1988(昭和63)年1月27日国が、注射針だけでなく、注射筒についてもひとりごとに取り替えるよう指導する通知(「予防接種等の接種器具の取扱いについて」)を発する。
1989(平成元)年6月5名のB型肝炎患者が、国による損害賠償を求めて、札幌地方裁判所に提訴する。
2006(平成18)年6月札幌地方裁判所に提訴した5名のB型肝炎患者について、最高裁判所の判決により、国の賠償責任が認められる。
ところが、それ以外のB型肝炎患者については、国が責任を認めず、救済に乗り出すことはなかった。
2008(平成20)年3月別のB型肝炎患者が、国による損害賠償を求めて、札幌地方裁判所に提訴する。
その後は、全国で同様の訴訟が相次ぐ。
2011(平成23)年6月B型肝炎患者と国との間で、「基本合意書」が締結される。
2012(平成24)年1月「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」が施行され、B型肝炎給付金制度が始まる。
2015(平成27)年3月「基本合意書(その2)」が成立し、除斥期間が経過した死亡、肝がん、肝硬変(軽度)の患者(※)についての給付金の内容が決まる。
※死亡から、または肝がん、肝硬変(軽度)の発症から20年経過した患者のこと
2016(平成28)年8月「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」が改正され、請求期限が2022年(令和4年)1月12日まで延長される。
2021(令和3)年6月「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」を改正する法律が成立し、請求期限が2027年(令和9年)3月31日まで延長されることが決まる。

それでは、トピックごとに詳しく見ていきましょう。

予防接種法の制定と集団予防接種の実態

古いガラス製の注射器
ガラス製の注射器

1948(昭和23)年7月予防接種法が制定され、痘そう(天然痘)、ジフテリア、百日せき、腸チフス、パラチフス、結核などの12疾患を対象とした予防接種が義務化されました。

当時の注射器(注射筒)はガラス製が一般的で、プラスチック製のディスポーザブル注射器(使い捨て注射器)はまだ普及していませんでした。

そのため、集団予防接種において、注射器の連続使用は当たり前のように行われていたのです。

実際、1948(昭和23)年11月制定の「種痘施行心得」「ジフテリア施行心得」「腸チフス、パラチフス予防接種心得」などには、注射器と注射針の消毒(煮沸消毒、石炭酸水消毒)や、被接種者ごとの注射針の消毒については明記されていましたが、被接種者ごとに注射器や注射針を取り換えることは記載されていませんでした。

それどころか、「ツベルクリン反応検査心得」には、「注射針は注射を受ける者一人ごとに固く絞ったアルコール綿で拂しょくし、一本の注射器のツベルクリンが使用し盡くされるまでこの操作を繰り返して使用してもよい」とまで記載されており、注射器の連続使用を国も容認していたことがわかります。

注射器によるウイルス感染リスクと国の対応

海外では戦前から、注射器の連続使用によるウイルス感染の危険性が指摘されていました。

国内でも、1950(昭和25)年ごろまでに、血液で感染するウイルス性肝炎の存在が認識され始め、このウイルスは、普通の消毒法では死滅しないことも指摘されていました。

1953(昭和28)年には、WHO(世界保健機関)が、血液で感染するウイルス性肝炎のことを「Viral Hepatitis B=B型肝炎」と名付け、予防接種の際の注射器の連続使用を止めるよう勧告を出しました。

ところが、1958(昭和33)年9月に制定された「予防接種実施規則」では、注射針の被接種者ごとの取り換えは義務付けられましたが、注射筒などの接種用器具については煮沸などによる滅菌が義務付けられただけで、連続使用は禁止されませんでした。

なお、1963(昭和38)年1月には、国産初のディスポーザブル(使い捨て)の注射筒が、翌年1月には、同様の注射針が発売されましたが、まだ医療現場に普及されるのは先のことになります。

B型肝炎ウイルスの発見と感染対策の広がり

1965(昭和40)年、オーストラリア先住民の血液中から、オーストラリア抗原という物質が発見されました。抗原とは、体内に入り込んだ異物のことです。

1970(昭和45)年には、オーストラリア抗原が肝炎を引き起こすことが確認され、オーストラリア抗原は、B型肝炎ウイルスの一部であることが特定されました。

これを受けて、1972(昭和47)年1月には、献血された輸血用血液のB型肝炎検査が始まり、B型肝炎に感染した血液は、輸血には使われないようになります。その結果、輸血によるB型肝炎感染は大幅に減少します。

さらに、1986(昭和61年)1月には、B型肝炎に感染している母親から生まれた子への、B型肝炎ワクチンなどの接種が制度化され、母子感染も減少していきます。

使い捨て注射器
現在の使い捨て注射器

そして、1988(昭和63)年1月には、国が、集団予防接種の際には、注射針だけでなく注射筒も被接種者ごとに取り替えるよう指導する通知を発し、ようやく注射針と注射筒の両方を被接種者ごとに交換することが義務化されたのです。

それは、1948(昭和23)年に予防接種が制度化されてから、実に40年もの歳月が経ってからのことでした。

B型肝炎訴訟の始まりと給付金制度の創設

国が対策を怠った40年もの間に、集団予防接種によってB型肝炎に感染した人は、実に43万人以上にのぼると推計されています。

このようにB型肝炎を国民に蔓延させたのは、国に責任があるとして、1989(平成元)年6月、国による損害賠償を求めて、5名のB型肝炎患者が札幌地方裁判所に訴えを起こします。これが、B型肝炎訴訟の始まりです。

ジャッジハンマー長い裁判を経て、2006(平成18)年6月最高裁判所の判決によって、5名のB型肝炎患者への国の賠償責任は認められました。

ところが、国は、他のB型肝炎患者への責任は認めず、賠償に乗り出すことはありませんでした。そこで、全国で弁護団が結成され、東京、大阪、福岡などで次々と訴訟が起こされたのです。

そして、2011(平成23)年6月、B型肝炎患者と国との間で「基本合意」が成立し、2012(平成24)年1月には、「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」が制定され、必要な書類を提出したB型肝炎患者には、国から給付金という名目で賠償金が支払われることとなったのです。

2021年(令和3)年1月31日時点で、全国の提訴者数は85,218名、和解成立数は67,541名で、決して賠償が順調に進んでいるとは言えません。
そのような状況もあり、給付金の請求期限は、2027(令和9)年3月31日までに延長されています。

◆基本合意書はこちら
基本合意書
基本合意書(その2)

B型肝炎給付金とは

B型肝炎給付金とは、幼少期の集団予防接種などによりB型肝炎ウイルスに持続感染した人に対して、国から損害賠償金として支給される金銭のことです。

給付金を受け取るには、訴訟を起こし、国と和解する必要があります。
ここでは、給付金の対象者や金額、必要書類、費用などについて説明していきます。

給付金の対象者

B型肝炎給付金の対象者には、大きく分けて「一次感染者」「二次感染者」がいます。

一次感染者とは、幼少期の集団予防接種等により、直接、B型肝炎ウイルスに感染した人のことです。

二次感染者とは、一次感染者から母子感染(出生時に母親から感染すること)などにより、B型肝炎ウイルスに感染した人のことです。

詳しい対象者の条件については、次の記事をご確認ください。

関連記事
B型肝炎訴訟の対象者とは?給付金がもらえる条件と必要書類を解説
B型肝炎訴訟の対象者とは?給付金がもらえる条件と必要書類を解説
 2022.04.26

給付金の金額

B型肝炎給付金の金額は、B型肝炎の病状(病態)や発症時期(無症候性キャリアの場合は感染時期)、治療状況などに応じて、50万円から3600万円です。詳しくは、次の表をご覧ください。

給付金等の内容2

給付金を請求するための必要書類

書類の山を運ぶ人給付金を請求するための必要書類は、一次感染者の場合と二次感染者の場合で内容が異なります。

なお、ここでは必要書類についての詳細は、次の記事もご参照ください。

関連記事
【B型肝炎訴訟】給付金請求の必要書類を網羅!申請先や費用も解説
【B型肝炎訴訟】給付金請求の必要書類を網羅!申請先や費用も解説
 2022.04.26

一次感染者の必要書類

一次感染者として、給付金を請求する場合には、主に次の書類が必要です。

  1. B型肝炎ウイルスへの持続感染を確認できる書類
  2. 満7歳までに集団予防接種等を受けたことを確認できる書類
  3. 母子感染でないことを確認できる書類
  4. 父子感染でないことを確認できる書類
  5. 成人後感染でないことを確認できる書類
  6. その他集団予防接種以外の感染原因がないことを確認できる書類
  7. 病態を確認できる書類

二次感染者の必要書類

二次感染者として、給付金を請求する場合には、主に次の書類が必要です。

  1. 母親が一次感染者の条件を満たすことを確認できる書類
  2. B型肝炎ウイルスへの持続感染を確認できる書類
  3. 母子感染であることを確認できる書類
  4. 病態を確認できる書類

感染から20年以上経っている無症候性キャリアへの手当

健康診断無症候性キャリアで、B型肝炎ウイルスへの感染から20年以上経っている場合には、給付金50万円に加えて、次のような手当を受けることができます。

  1. 定期検査および定期検査に付随する診療行為等に要する費用
  2. 定期検査手当
  3. 母子感染防止医療費
  4. 世帯内感染防止医療費

定期検査および定期検査に付随する診療行為等に要する費用

一定の血液検査や画像検査の費用が、年4回(※)まで支給されます。
また、支給対象となる検査に付随する診療行為等にかかる診察代も支給されます。
※CT検査、MRI検査については、年2回まで

定期検査手当

上記の定期検査を受けた方には、1回につき1万5,000円が支給されます。
ただし、年間3万円が上限です。

母子感染防止医療費

国との和解が成立した後に、子を出産し、母子感染防止のために子へワクチンが投与された場合、一定回数までのワクチン投与、それに付随する血液検査や診療行為等にかかる費用が支給されます。

世帯内感染防止医療費

国との和解が成立した後に、新たに本人の同居家族になった者には、一定回数までのワクチン投与、それに付随する血液検査の費用が支給されます。

追加給付金

国との和解が成立し、給付金を受け取った後にB型肝炎を発症したり、B型肝炎の病状が進行したりした場合は、追加給付金を受け取ることができます。

その金額は、新たな病状で受け取れる給付金とすでに受け取った給付金との差額となりますが、一部例外もありますので、詳しくは次の表をご覧ください。

追加給付金の金額

給付金請求にかかる費用

給付金を請求するためには、訴訟を起こす必要があります。また、証拠となる書類を集めるためにも費用がかかります。

なお、B型肝炎訴訟にかかる費用については、次の記事もご参照ください。

関連記事
B型肝炎訴訟にかかる費用を完全網羅!内容と相場をまるごと紹介
B型肝炎訴訟にかかる費用を完全網羅!内容と相場をまるごと紹介
 2022.04.20

血液検査費用、書類取得費用

給付金請求のための必要書類は、血液検査結果、医療記録(カルテ)、診断書、戸籍謄本、戸籍の附票など、多岐にわたります。

それらの書類を取得する費用の相場は、次のとおりです。

  • 血液検査費用 5,000円~10,000円
  • 診断書・接種痕意見書 5,000円前後
  • 医療記録(カルテ) 3,000円~10,000円
  • 戸籍謄本などの公文書 300円~750円/通

訴訟費用

裁判所に提訴する際には、印紙代や切手代がかかります。
切手代一律6,000円ですが、印紙代は請求する金額に応じて、6,000円から13万4,000円(※)です。

※弁護士に依頼して請求した場合

弁護士費用

給付金請求手続きを弁護士に依頼する場合には、弁護士費用がかかります。金額は弁護士によって異なりますが、相場としては、給付金の15%程度としている事務所が多いようです。

次の記事で、弁護士費用の比較をするときのポイントを解説していますので、ぜひご参照ください。

関連記事
B型肝炎訴訟の弁護士費用はいくら?比較検討するときの注意点は?
B型肝炎訴訟の弁護士費用はいくら?比較検討するときの注意点は?
 2022.04.20

給付金の請求期限

B型肝炎給付金の請求期限は、2027(令和9)年3月31日です。この日までに裁判所に提訴する必要がありますので、遅くとも6か月前には準備を始めた方がよいでしょう。

また、期限はかなり先だとしても、給付金はなるべく早めに請求した方がよいです。その理由は、次の記事をご確認ください。

関連記事
B型肝炎訴訟の期限延長が決定!それでも給付金は早めに請求しよう!
B型肝炎訴訟の期限延長が決定!それでも給付金は早めに請求しよう!
 2022.04.20

B型肝炎訴訟なら経験豊富な法律事務所MIRAIOへ

B型肝炎訴訟は、自分で手続きをすることもできますが、さまざまな書類を収集したり、役所や医療機関と連絡を取ったり、裁判所に出廷したりする必要があります。

また、提出書類に不備があると、本来受け取れるはずであった給付金が受け取れなくなってしまう可能性もありますので、法律の専門家である弁護士に依頼するのが一番です。

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼するメリット

B型肝炎給付金の請求を弁護士に依頼することで、次のようなメリットがあります。

1 訴状などの書類作成を任せることができる

給付金を請求するには、訴状や証拠一覧などの書類を作成しなければなりません。

これらは、裁判所に提出する書面ですので、法律の専門家である弁護士に任せた方が、迅速に、滞りなく作成することができます。

2 必要書類収集のサポートを受けることができる

裁判所には、証拠資料となる血液検査結果や医療記録(カルテ)、公文書など、さまざまな書類を提出します。これらの必要書類を収集するには、医療機関や市区町村役場、場合によっては、卒業した小学校などとも、やりとりしなければなりません。

ご自身で、全てこのようなやりとりを進めると、かなりの労力を要しますが、弁護士がいれば、わからないときにアドバイスを受けたり、医療機関や役所への案内書を作成してもらったりすることができます。

3 書類の精査により不備を防ぎ、迅速に給付金を受け取ることができる

集めた必要書類をそのまま提出するだけでは、内容が間違っていたり、不足があったりします。

完璧に集めたつもりでも、医療記録などの記載内容によって、新たな事実が判明し、追加書類を求められることもあります。

その点、弁護士がいれば、提出前に書類を隅々までチェックし、入念に精査しますので、極力、不足書類が出ないように準備することができます。

その結果、給付金を受け取るまでの期間を短縮することが可能です。

4 裁判所への出廷を任せることができる

裁判所には、平日の日中に出廷しなければなりませんが、普通に働かれている場合には、なかなか日程を調整するのが難しいのではないでしょうか。

弁護士に依頼していれば、弁護士が代理人として、代わりに裁判所に出廷してくれますので、ご自身で出廷する必要はありません。

その結果、時間と労力の大幅な節約ができるでしょう。

5 給付金の4%分が上乗せで支給される

弁護士に依頼して、手続きをした場合は、給付金の4%分が訴訟手当金として上乗せ支給されます。

例えば、弁護士に依頼して、50万円の給付金が支給される場合は、その4%の2万円が上乗せされ、総額52万円が支給されます。

B型肝炎訴訟におけるMIRAIOの強み

法律事務所MIRAIOには、次のような強みがあります。

ロゴ枠あり

1 豊富な実績と蓄積されたノウハウがあります!

相談件数 43,000件以上
提訴件数 9,100件以上
和解件数 8,500件以上
獲得給付金 764億円以上
※2022年4月20日現在

MIRAIOは、給付金制度が始まった平成24年当時から、他の事務所に先駆けて、B型肝炎給付金のご相談をお受けしてきました。その結果、上記のような豊富な実績が積み重なっています。

そして、多くの案件を扱うことで、さまざまなノウハウが蓄積され、迅速かつ的確な事務処理ができる体制が確立されています。

2 セカンドオピニオン!他の事務所に断られた方のご相談もお受けします!

「他の事務所に相談したところ、給付金の対象外だと言われてしまった・・・」
このようなお問い合わせをいただくことがよくあります。

改めてMIRAIOでお話をお聞きすると、確かに困難なケースもありますが、調査によっては、まだまだあきらめるには早いと思われるケースも多くあります。

あきらめる前に、一度MIRAIOにご相談してみてください。

3 必要書類の収集をしっかりサポート!代わりに取得することも可能!

MIRAIOでは、必要書類収集のアドバイスや案内書の作成だけでなく、医療機関や役所と直接やりとりをして、代わりに書類を取得することも可能です。

特に、病院の医療記録(カルテ)や血液検査結果については、専門的な用語も多く、わかりにくいところがありますので、MIRAIOが直接、病院とやりとりをした方が圧倒的にスムーズに取得することが可能です。

4 医療過誤の豊富な経験・医師との協力体制

MIRAIOでは、B型肝炎給付金請求を手がける前から、医療過誤(医療ミス)に関する訴訟にも力を入れてきました。その相談実績は、7,000件以上にのぼっています。

そのため、医療に関する基礎知識やカルテの読解方法などのノウハウが豊富で、医師との協力体制も充実しています。

その結果、診断書やカルテを精査してお客様にとって有利な情報を見つけ出し、さらに医学的な観点を踏まえて主張することが可能です。

5 相談料無料!来所不要!全国から相談受付!

B型肝炎給付金の相談料は、何回でも無料です。
また、電話やWEBでのご相談も可能で、ご来所いただく必要はありません。
万全の態勢で、全国からのご相談をお待ちしております!

6 和解後に病状が進行しても安心!追加給付金の請求も格安でサポート

国と和解をして給付金を受取った後に、B型肝炎の病状が進行してしまった場合には、追加給付金を請求することができます。

例えば、慢性肝炎で1250万円の給付金を受け取った後に、肝がんを発症してしまった場合には、肝がんの給付金3600万円と、受け取った1250万円との差額の2350万円が追加給付金として支給されます。

MIRAIOでは、この追加給付金の請求手続きについて、追加給付金の4%(税込4.4%)という格安の報酬でお手伝いいたします。

まとめ

このように、B型肝炎が蔓延してしまった理由の一つには、国の怠慢があったのです。

不幸にも集団予防接種でB型肝炎に感染してしまった人は、長い法廷闘争を経て、賠償金を勝ち取りました。そして、全国のB型肝炎患者の救済を実現する給付金制度が創設されたのです。

B型肝炎、B型肝炎キャリアなどと診断を受けられている方、あなたも給付金の対象になるかもしれません。症状がなくても大丈夫です。
まずは、弁護士に相談してみましょう。