民事再生(個人再生):MIRAIOの回答 | 債務整理 | 弁護士法人法律事務所MIRAIO


  • 債務整理TOP
  • 任意整理(和解)
  • 民事再生(個人再生)
  • 自己破産
  • 事例一覧
  • よくあるご質問
  • 費用について
  • MIRAIO TOPに戻る

民事再生(個人再生)のよくあるご質問
自宅不動産を所有していますが、不動産はどうなりますか?

A

住宅ローンの支払いが終わっている場合は、その財産価額を算出し、清算価値として計上します。ただ、この場合は、この不動産の価値以外に他の財産の価値を加算して、清算価値を算出することになりますので不動産の評価が高い場合は、弁済額自体が高額となります。また、不動産の評価額があまりにも高いと、自己破産のおそれがないとして個人再生手続きの開始が認められない場合があります。

また、住宅ローンの支払いが残っている場合は、「住宅資金貸付債権に関する特則(住宅ローン特例)」を適用することにより、住宅ローンの支払いを続けながら、それ以外の債務を整理し、住宅を守ることができます。この住宅ローン特例が適用されるためには条件がありますので、詳しくは弁護士へお問い合わせください。

まとめ

民事再生(個人再生)は裁判所に申し立てて、現在の債務を大幅に減額した上で、残りの返済分を基本3年かけて返済していく方法です。住宅を守ることができます。
ミライオでは民事再生(個人再生)に関するご相談を無料でお受けしています。お気軽にお問い合わせ下さい。

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-783-005

【 24時間365日受付 】

※お電話頂く際には、番号をお確かめのうえおかけまちがいのないようにお願いします。

ページTOPに戻る

債務整理のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
借金を減らしたい・無くしたい、過払い金を取り戻したい、そんなあなたのお悩みを弁護士が解決いたします。