すべての人に未来を

24時間365日受付お問い合わせ

弁護士法人 法律事務所 MIRAIO

債務整理

事例紹介

債務整理の解決事例をご紹介します。

カテゴリ別一覧:

事例1

経緯

製造業・会社員(42歳)です。
妻、子供2人(中学校・小学校)の4人暮らしです。
5年ほど前から業績悪化に伴い、手取収入が40万円から30万円に下がりました。加えて子供達の教育費も増えていく一方で、家計の不足分を借金で補うようになりました。
はじめのうちは、借金に後ろめたさがありましたが、借入れが増えていくにつれ、その意識も薄れていき、気が付いたら借金が450万円ほどになっていました。

MIRAIOからの
支援内容

MIRAIOに相談したところ、借金返済を借金で賄うという自転車操業の状態を指摘されました。加えて、今後の収入回復が期待できそうもなく、一方で更なる教育費の増加も想定されるならば、まずは借金を無くして、家計の軌道修正をするために自己破産を選択してみてはどうか・・・と弁護士から勧められました。

初めは、自分が自己破産をするなんて・・・と納得がいきませんでしたが、今では、借金で悩まされることもなく、仕事に打ち込める状況となり、家族4人の幸せな生活を取り戻すことが出来ました。本当にありがとうございました。

結果

「自己破産」は裁判所に申し立てて、現在の債務を全て免除してもらう方法です。支払いが不能と判断された場合に適用される制度です。
ミライオでは破産に関するご相談を無料でお受けしています。お気軽にお問い合わせ下さい。

事例2

経緯

年金暮らし・67歳、
1人暮らしです。
50代の頃はパート収入もあったため、生活費が不足する時は、よく借金をして賄っていました。その後、年齢も原因してか、パート先を解雇され、生活費に困ったため、以前にもまして借金をするようになりました。
それから、数年が経過して年金を受給するようなりましたが、月手取・13万円ほどしかもらえず、家賃支払と借金の返済をしたら手元にはほとんど残らない・・・そんな状況に陥っていました。
当時は、「一体この先、自分はどうなってしまうのだろう・・・」と不安でたまらなかったです。

MIRAIOからの
支援内容

MIRAIOに相談したところ、今後、年金以外の収入を得ることはなかなか容易ではないことを考えて、自己破産を勧められました。

もう借金のことから一日でも早く解放されたいと、わらにもすがる思いで相談した自分は、迷うことなく自己破産を決断しました。
その時の「もう今日から借金で悩むことはありませんよ。安心してください。」との弁護士さんの言葉は今でも忘れられません・・・。今では、細々とですが、借金に悩まされることなく、安心した日々を送っています。助けていただき、本当にありがとうございました。

結果

「自己破産」は裁判所に申し立てて、現在の債務を全て免除してもらう方法です。支払いが不能と判断された場合に適用される制度です。
ミライオでは破産に関するご相談を無料でお受けしています。お気軽にお問い合わせ下さい。

事例3

経緯

保守業・会社員(52歳)
妻と義母の3人暮らしです。
独身時代から日常的にパチンコをしており、結婚後もこれを止められず、小遣いでは足りなくなったので借入を始めました。当初はパチンコのために借入をしていましたが、次第に債務返済に追われるようになり、借入と返済を繰り返した結果830万円もの負債を負うこととなりました。

MIRAIOからの
支援内容

MIRAIOに相談したところ、業者との取引期間が長かったことから、ひとまず調査(債権調査)をして最終的な方針を決めることとなりました。

債権調査において利息制限法に基づき引き直し計算したところ、借金が約460万円にまで減ることになりましたが、今後、返済できる金額でなかったため破産を選択しました。

今では返済に悩まされず、収入の範囲で生活しており、少しずつですが貯蓄が出来るまでに家計が改善しました。
また、パチンコに依存してしまったことを強く反省しています。
立ち直るきっかけをくれたMIRAIOさんには、本当に感謝しています。ありがとうございました。

結果

「自己破産」は裁判所に申し立てて、現在の債務を全て免除してもらう方法です。支払いが不能と判断された場合に適用される制度です。
ミライオでは破産に関するご相談を無料でお受けしています。お気軽にお問い合わせ下さい。

事例4

経緯

専業主婦(36歳)です。
同居している家族は、夫の両親と子供3人(小学校、幼稚園、乳児)の7人暮らしです。
夫は両親と農業をしており、毎月10万円~30万円の手取収入を得ています。夫の父の持ち家に住んでいるため家賃はかかりませんが、毎月夫が入れてくれる生活費だけでは足りず、6~7年ほど前から借入れをするようになりました。夫や他の家族には、借金をしていることは秘密にしているため、今まで誰にも相談できず、気付いたら借金が200万円を超えてしまいました。

MIRAIOからの
支援内容

MIRAIOに相談したところ、弁護士さんは、家族に打ち明けずに内密に借金を整理したいとの希望を尊重してくださり、自己破産を勧められました。自己破産を選択するのは最初は抵抗がありましたが、今は自分にとって最良の選択をしたと思っています。

毎月の返済のために1人で悩んでいたころを考えると、MIRAIOに相談して本当に良かったと思います。

結果

「自己破産」は裁判所に申し立てて、現在の債務を全て免除してもらう方法です。支払いが不能と判断された場合に適用される制度です。
ミライオでは破産に関するご相談を無料でお受けしています。お気軽にお問い合わせ下さい。

事例5

経緯

自営で運送業をしています。
15年ほど前までは従業員10名ほどの有限会社の代表取締役をしていて、年商3,000万円ほどの売上がありました。
10年前から不況のあおりを受け、取引先が激減し、ついには3年前に事業をたたむことになりました。従業員は全員解雇し、それ以降は私ひとりで、昔の取引先から僅かながらも仕事を回してもらい、なんとか生計を立てていました。
しかし、昔の会社の負債もあり、だんだん返済を続けていくことが困難になってしまいました。当時、借金の額は1,000万円以上ありました。

MIRAIOからの
支援内容

MIRAIOに相談したところ、昔の会社の借金を含めて、一度清算をしたほうが良いとアドバイスをもらいました。かなり悩みましたが、結局このまま返済を続けても、いつまでも借金はなくならないため思い切って自己破産をお願いしました。

仕事で使っていたトラックがありましたが、価値が20万円を超えなかったため、結局処分しないで済みました。そのため、今でも自営業は続けることができています。手続きが終わっても生活は楽とは言えませんが、少しずつ仕事も増えてきたため、心機一転頑張りたいと思います。

担当してくださった弁護士さんや、事務員さんには感謝しています。ありがとうございました。

結果

「自己破産」は裁判所に申し立てて、現在の債務を全て免除してもらう方法です。支払いが不能と判断された場合に適用される制度です。
ミライオでは破産に関するご相談を無料でお受けしています。お気軽にお問い合わせ下さい。

事例6

経緯

自営業(ガソリンスタンド経営)80歳
妻と2人暮らし
バブル崩壊後、資金繰りが苦しくなり、利息が高い商工ローンから借入れを始め、次第に信販会社や消費者金融から借入れをするようになりました。
しかし、売上は減少する一方で、返済は遅れがちになり、とうとう保証人の妻に請求がくるようになりました。また、担保不動産の強制執行予告までくるようになりましたが、この時点で負債総額は6,000万円以上となっており、困り果てて相談することにしました。

MIRAIOからの
支援内容

MIRAIOに相談した結果、明らかな債務超過で、今後も売上増加が見込めなかったため破産を選択しました。

取引先等の借入れ業者には迷惑を掛ける結果となりましたが、管財人によって資産を換価したところ、取引先等の借入れ業者に配当することもでき、あのまま資産を食い潰すまで事業を継続していたより最終的には良かったと思っています。また、保証人であった妻も同時に破産申立てをしたため、弁護士費用、管財人費用も別々で申立するより安く済み、本当に良かったです。

結果

「自己破産」は裁判所に申し立てて、現在の債務を全て免除してもらう方法です。支払いが不能と判断された場合に適用される制度です。
ミライオでは破産に関するご相談を無料でお受けしています。お気軽にお問い合わせ下さい。

事例7

経緯

小売業・パート(40歳)で、
夫と子供と3人暮らしです。
最初の借入れは、夫の海外転勤や出産等で費用がかさんだためでした。
その後、子供の成長に伴い生活費が増えていく中、扶養控除の範囲内でパートで働き、収入をあまり増やせなかったため、生活費の不足分を借入れで埋めあわせる事が増えていきました。
借金のことは夫に内緒だったので、「本当にどうしたらよいのだろう・・・」と1人で悩む日々が続き、気がつけば総額300万円近くの借金を抱えていました。

MIRAIOからの
支援内容

MIRAIOに相談したところ、現在の私の収入では返済を継続することが厳しいこと、今後の教育費等の負担が増えることから、弁護士から自己破産についての助言を受けました。

自己破産手続きをとることは夫に話せなかったため、夫には内緒のまま、1人で手続きができるかとても不安でした。
しかし、何とか、夫にも知られずに手続きを行うことができましたし、今では1人で悩んでいた借金からも解放され、生活を立て直していくために毎日頑張っています。

結果

「自己破産」は裁判所に申し立てて、現在の債務を全て免除してもらう方法です。支払いが不能と判断された場合に適用される制度です。
ミライオでは破産に関するご相談を無料でお受けしています。お気軽にお問い合わせ下さい。

事例8

経緯

機械整備業・契約社員28歳、
1人暮らしです。
社会人になったのを機にクレジットカードを作り、それからは、買い物などでよく利用していました。
その後、キャリアアップを考えて転職したのですが、以前よりも給与が減ってしまいました。その後も、転職を数回行いましたが、思うような収入が得られず、以前のクレジットカードでの借金返済が厳しくなっていきました。
その後も、いつかはきっと収入が上がるだろうとの甘い考えから、クレジットカードでの買い物を続けた結果、借金はついに250万円を超えていました。

MIRAIOからの
支援内容

MIRAIOに相談したところ、当時の収入では、和解や民事再生(個人再生)といった手続きを選択できる余裕がないため、借金をゼロにして再出発を図ったらどうかと勧められました。

私は悩みましたが、思い切って破産を選択し、無事に手続きも終了しました。その後、借金で悩むことはなくなりました。
キャリアアップとはいえ、計画性のない転職を繰り返してしまったことや、いずれ収入が上がるだろうと甘く考えていたことを反省しています。
今後は、これを教訓に計画的な人生設計を図っていこうと思っています。
本当にありがとうございました。

結果

「自己破産」は裁判所に申し立てて、現在の債務を全て免除してもらう方法です。支払いが不能と判断された場合に適用される制度です。
ミライオでは破産に関するご相談を無料でお受けしています。お気軽にお問い合わせ下さい。

事例9

経緯

アルバイト(35歳)です。
夫と中学生の息子の3人暮しです。
息子に喘息の持病があり、その医療費の負担が大きく、夫の収入とアルバイトでどうにか生活を続けていましたが、夫が鬱病で仕事を辞めざるを得なくなり生活費を賄うための借入れを続け、気がついたら借金が200万円近くにまで膨らんでしまいました。

MIRAIOからの
支援内容

MIRAIOに相談したところ、収入の増加が期待できず、今後、長男の教育費も増加することから自己破産で借金をゼロにして再出発することを勧められ、自己破産の手続きを取ることに決めました。

今では毎月あった返済への不安もなくなり、安心して生活が出来ています。夫の仕事も決まり、夫婦で生活を立て直そうと頑張っているところです。1人で悩まず相談してよかったです。

結果

「自己破産」は裁判所に申し立てて、現在の債務を全て免除してもらう方法です。支払いが不能と判断された場合に適用される制度です。
ミライオでは破産に関するご相談を無料でお受けしています。お気軽にお問い合わせ下さい。

事例10

経緯

アルバイト(28歳)で
1人暮らしです。
学生時代から友人に誘われて複数のネットワークビジネスに参加していました。成功者の話を聞いていつかは自分もと思い、自分で商品を買ったり、勉強会に参加したり、そこで出来た知り合いから紹介されていくつもの自己啓発教材も購入したりしているうちに、気がついたら600万円もの借金が出来ていました。

MIRAIOからの
支援内容

MIRAIOに相談したところ、ネットワークビジネスの危険性を充分に説明されました。その怖さを理解し、二度とこのようなことはしないと自分自身に言い聞かせ、相談の結果、自己破産の手続きを取ることを決めました。

借金の原因となったネットワークビジネスや自己啓発教材とはキッパリ縁を切って、今では2つのアルバイトを掛け持ちしながらですが仕事に打ち込める環境です。もっと早く相談すればよかったと思っています。

結果

「自己破産」は裁判所に申し立てて、現在の債務を全て免除してもらう方法です。支払いが不能と判断された場合に適用される制度です。
ミライオでは破産に関するご相談を無料でお受けしています。お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。