すべての人に未来を

24時間365日受付お問い合わせ

弁護士法人 法律事務所 MIRAIO

不動産トラブル(借主)

よくあるご質問

不動産トラブル(借主)について、いただいたご質問を紹介します。

カテゴリ別一覧:

明渡し撤回請求

貸主から物件の明渡しを求められているが、拒絶することはできるのですか。
明渡し請求が認められるためには、1~4などの正当事由が備わっていることが必要です。備わっていない場合、明渡しの要請を拒絶することが出来ます。
  1. 貸主・その身内がどうしてもその建物を使う事情がある 例:住まいが無くなり、その土地に住むほかない
  2. 借主が特段その建物を必要としていない状況にある 例:現在借主がその建物に住んでいない
  3. 借主の利用経過に問題がある 例:利用が不法占拠から開始された
  4. 借主の現在の利用状況に問題がある 例:家賃を度々滞納している
  5. 貸主から立退料・代替建物を提供する旨の申出がある

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。