すべての人に未来を

24時間365日受付お問い合わせ

弁護士法人 法律事務所 MIRAIO

医療過誤

事例紹介

医療過誤事件の解決事例をご紹介します。

事例11

経緯

助産師が、新生児の呼吸状態の監視を怠ったため、窒息死してしまいました。

MIRAIOの対応

示談交渉が決裂したため、損害賠償を求めて提訴しました。

結果

第1審において勝訴的和解が成立し、賠償金5000万円を獲得しました。

事例12

経緯

医師、助産師が分娩監視(出産時の胎児の心拍数をモニターし、健康状態を監視すること)を怠ったため、出生した子が脳症を負ってしまいました。

MIRAIOの対応

医療機関と示談交渉を行い、損害賠償義務を認めさせました。

結果

賠償金9400万円を獲得しました。

事例13

経緯

大腸がんに対する開腹手術後のドレナージ(血液、膿、滲出液、消化液などを体外に誘導し、排出すること)中に、腸損傷等の合併症を起こしてしまいました。

MIRAIOの対応

示談交渉が決裂したため、損害賠償を求めて提訴しました。

結果

裁判上の和解が成立し、賠償金1100万円を獲得しました。

事例14

経緯

受診時に呼吸困難を訴えていた患者が、入院後に死亡してしまいました。

MIRAIOの対応

死因が争点となりましたが、示談交渉を重ねて、医療機関に一定の責任を認めさせました。

結果

賠償金3000万円を獲得しました。

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。