すべての人に未来を

24時間365日受付お問い合わせ

弁護士法人 法律事務所 MIRAIO

交通事故

よくあるご質問

交通事故について、いただいたご質問を紹介します。

カテゴリ別一覧:

交通費

仕事の都合もありタクシーで通院をしました。費用はすべて払ってもらえるのでしょうか。
仕事上の理由では認められません。事前に保険会社に確認を。 傷害の部位、程度、年令、交通機関の便などの総合的な事情から判断して、必要やむをえない場合に限り、相当程度の費用は認められるでしょう。 たとえば、足を骨折したために歩くことができないが、会社を休まないで出勤して、休業損害の発生はないような場合ですと、その休業損害の場合の金額とタクシー通院との金額を考慮して、タクシー代のほうが下回っているようであれば認められるでしょう。 また、そもそも通院するのに電車やバスなどの公共交通機関がない場合、あってもきわめて不十分な場合などの例もあげられます。 しかしその場合でも、事前に保険会社に話をしておき、タクシー代の支払いの確認はしておくべきでしょう。この質問のように、通院にタクシーを利用した主な理由が、仕事上の理由ということであれば、傷病からの事情とは違いますので、事前に必ず保険会社と打合せをおこなっておいてください。
友人のマイカーで送迎をしてもらいました。謝礼は請求できないのでしょうか。
傷病の程度、内容から、1人で通院をすることは難しく、付添者が必要であり、かつ歩行も困難であるような特殊な事情が必要です。つまり、タクシー通院もおこなえないような状況ということになりますが、そのような状況であれば、そもそも退院が許可されないのではないかという考え方も働きます。 保険会社との交渉次第でしょうが、認められない可能性は高いと思われます。裁判で争うことになったとしても、上記のような状況を証明できなければなりません。また認められるとした場合にも、費用においては適正かつ妥当な金額ということになりますので、支払った謝礼がすべて認められるとは限りません。

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。