経皮的エタノール注入療法(PEIT)とは
弁護士法人法律事務所MIRAIO

0120-783-005 平日10:00〜18:00

経皮的エタノール注入療法(PEIT)

経皮的エタノール注入療法(PEIT)とは、肝臓癌がんの治療で用いられることが多いです。経皮的エタノール注入療法(PEIT)では、超音波の画像を見ながら、腹部の皮膚の上から腫瘍まで長い特殊な注射針を刺し、100%のエタノール液(無水エタノール)を注入して、がん細胞を壊死させる方法です。エタノールには、たんぱく質を凝固させる作用があり、その化学作用によって、がんを死滅させます。

経皮的エタノール注入療法(PEIT)は、患者の負担も少なく安全性も高いので、肝臓がんの治療法では代表的な治療方法ですが、がんの直径が3cm以下で個数が3個以下の比較的早期の肝臓がんに有効です。それ以上大きな肝臓がんに対しては、うまくエタノールが広がらなかったり、何度も行わなければならないケースがあります。
また、超音波でがん組織の位置が把握しにくい場合には治療が難しいことや、多量にエタノールを注入すると、正常な肝臓の細胞にも悪影響を与える可能性もあります。

関連項目

用語集TOPに戻る