高齢者|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 高齢者支援

高齢者支援 老後の生活全般についての総合的な支援サービスです。

MIRAIOは資産管理を含めたシニアの生き方を提案し支援します

こんな悩み、ありませんか?

  • 認知症の妻と二人暮らしのため、自分になにかあったときに、妻のことが心配
  • 最近、認知症の自覚症状があるが、この先介護が必要となっても、子供たちの世話にはなりたくない。
  • 一人暮らしの母親が、最近、詐欺商法のターゲットにされている。
  • 父親の死後、母親と同居した長女が、母親名義の家をいつの間にか自分の名義に書き換えていた。このままだと母の財産が長女に食い物にされるのではないか心配。
  • 私は身寄りのない高齢者なので、自分の死後、お葬式やお墓のことを頼む人がいません。今のうちから、誰か信頼できる人に任せておきたい。
  • 老いた父は、昨年から訪問するようになったホームヘルパーに預金の出し入れを頼んでいましたが、最近お金が急激に減っているようです。
  • 劣悪な介護サービスを提供されているが、苦情が訴えられない。
  • 施設で虐待を受けている様子がある。

MIRAIOで解決

  • 尊厳ある老後を送れるサービス 判断能力が衰えた場合の生き方支援サービスです。後見制度などの利用をサポートします。

自分らしく生きるための資産管理の必要性

高齢者は実は小金もちです。しかし、高齢ゆえに心身の機能が衰え、思うようにその資産が利用できません。また、悪徳商法や振り込め詐欺の格好のターゲットになりやすく、身内による財産侵害なども他人事ではありません。充実した老後のためにその財産をどのように使うかが大切な問題です。

そこで、元気なうちに万一の場合の老後の生活のことを考えておきましょう。 認知症になっても自分の望む生活を実現しましょう。福祉サービスを受けるにも契約が必要な時代なのです。

よくあるご質問
費用について

事例紹介

Aさん

私は、認知症の妻と二入暮らしです。自分もこの先、高齢で衰えた場合、また妻より先に逝った場合、認知症の妻の世話や施設入所、財産管理などをどうすればよいか悩んでいます。

Bさん

父が亡くなり、相続人間で遺産分割の協議をすることになりましたが、母親が認知症では遺産分割協議はできないといわれました。預貯金の相続手続きでも母が単独で行為することは困難です。家族では代理人となれないので、何か良い方法を教えてください。

Cさん

認知症の父親名義の不動産を売って介護費用に充てたいのですが、認知症の父は直接契約ができないと思うので、何か良い方法はありますか?

Dさん

母親は遠方で一人暮らしをしています。最近、母親が耐震補強の工事と称して200万円の契約をさせられたり、高額な浄水器などを買わされたりしていることが分かりました。このような被害に遭わないようにするにはどういう方法がありますか?

よくあるご質問
費用について

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

高齢者支援TOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。