アデホビル ピボキシル(ヘプセラ)とは
弁護士法人法律事務所MIRAIO

0120-783-005 平日10:00〜18:00

アデホビル ピボキシル(ヘプセラ)

アデホビル ピボキシルは、逆転写酵素阻害作用を有する抗ウイルス薬で、B型肝炎ウイルス(HBV)の増殖を抑える経口製剤です。
アデホビルは、2004年に、ラミブジン耐性となったB型慢性肝炎及びB型肝硬変に対して、ラミブジンとの併用薬として保険適応となった内服薬です。また、2008年には単剤での使用も保険適応となりました。

アデホビルの使用終了後は、ウイルス再増殖が認められることがあります。そのため、使用終了後少なくとも4か月間は原則として2週間ごとに検査のための受診を続けてください。

副作用として、吐き気、腹痛、下痢、消化不良、頭痛、腎機能障害、クレアチン増加などが現れることがあります。
用語集TOPに戻る