核酸アナログ製剤とは
弁護士法人法律事務所MIRAIO

0120-783-005 平日10:00〜18:00

核酸アナログ製剤

核酸アナログ製剤とは、B型肝炎の抗ウイルス療法に用いられる経口薬のひとつで、ウイルスが増殖する際に作用する酵素の働きを抑え、ウイルスの増殖を抑える効果があります。
薬を飲んでいる間は、B型肝炎ウイルス(HBV)のウイルス量は低下し、肝炎を鎮静化させます。
日本では現在、ラミブジン(ゼフィックス)アデホビルピボキシル(ヘプセラ)エンテカビル(バラクルード)テノホビル(テノゼット)の4製剤が認可されています。

核酸アナログ製剤は、一般的にインターフェロンのような大きな副作用はありませんが、一旦内服を開始すると長期にわたって服用を継続する必要があります。なお、長期にわたって使用していると薬に耐性をもったウイルスが出現してくる可能性のあることが報告されています。

核酸アナログ製剤は保険適用となっています。また、平成22年からB型肝炎に対する核酸アナログ製剤治療について、医療費の助成を行っています。医療費助成を受けるためには、お住まいの都道府県への申請が必要です。申請方法など詳しい情報については、お住まいの都道府県窓口にお問い合わせください。
用語集TOPに戻る