すべての人に未来を

24時間365日受付お問い合わせ

弁護士法人 法律事務所 MIRAIO

B型肝炎訴訟

治療法・薬の用語集

カテゴリ別一覧:

アデホビル ピボキシル(ヘプセラ)

あでほびる ぴぼきしる(へぷせら)

アデホビル ピボキシルは、逆転写酵素阻害作用を有する抗ウイルス薬で、B型肝炎ウイルス(HBV)の増殖を抑える経口製剤です。
アデホビルは、2004年に、ラミブジン耐性となったB型慢性肝炎及びB型肝硬変に対して、ラミブジンとの併用薬として保険適応となった内服薬です。また、2008年には単剤での使用も保険適応となりました。

アデホビルの使用終了後は、ウイルス再増殖が認められることがあります。そのため、使用終了後少なくとも4か月間は原則として2週間ごとに検査のための受診を続けてください。

副作用として、吐き気、腹痛、下痢、消化不良、頭痛、腎機能障害、クレアチン増加などが現れることがあります。

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。