メールでのお問い合わせ、
資料請求はこちらから

B型肝炎訴訟給付金の受給対象者|弁護士法人法律事務所MIRAIO


  • B型肝炎訴訟TOP
  • 給付金かんたんチェック
  • 解決までの進めかた
  • ミライオの強み
  • B型肝炎訴訟提訴実績
  • 弁護士費用
  • よくあるご質問

B型肝炎訴訟 給付金について

集団予防接種等とB型肝炎ウイルス感染との因果関係が認められた方に、病態に応じて給付金が支払われます。給付金等は和解成立後、支払基金に所定の様式の請求書とともに必要な書類を提出し、支給の請求をすることにより支払基金から支払が行われます。

給付金の対象となる方

以下の(1)もしくは(2)を満たす方と、これらの相続人の方は、給付金を受け取ることが可能です。
各要件を満たすためには、証拠となる資料を集める必要があります。必要書類の入手方法や、入手が不可能な場合の代替策などは、弁護士がわかりやすくご説明いたしますので、ご安心ください。

(1)一次感染者の要件

B型肝炎ウイルスに持続感染していること

昭和16年7月2日〜昭和63年1月27日生まれの方で、満7歳になるまでに集団予防接種等を受けていること

集団予防接種等における注射器の連続使用があったこと

母子感染ではないこと

集団予防接種等以外の感染原因がないこと

(2)二次感染者の要件

本人の母親が一次感染者の要件をすべて満たしていること

本人がB型肝炎ウイルスに持続感染していること

母子感染であること

一次感染者からの母子感染のほか、以下の要件を満たす方も給付金の受け取りが可能です。

  1. 一次感染者である父親からの父子感染により持続感染者となった方
  2. 一次感染者である母親からの母子感染により持続感染者となった方から、
    さらに母子感染し持続感染者となった方

※感染された方が亡くなっている場合には、相続人の方が請求することができます。相続人が複数いらっしゃる場合、相続人のうち、どなたかお一人だけでも請求をすることができます。ただし、給付金を受け取るには相続人皆さまの同意を得る必要があります。

病態別の給付金額

給付金の金額は病態に応じて以下のように定められています。また給付金の支給を受けた方の病態が進展した場合には、すでに支給された給付金との差額分を追加支給分として支給されることになっています。

病態 給付金額
死亡・肝がん・肝硬変(重度)(発症後20年経過していない方、ただし肝がんが再発した場合には再発時から起算します) 3,600万円
死亡・肝がん・肝硬変(重度)(発症後20年経過している方、ただし肝がんが再発した場合には再発時から起算します) 900万円
肝硬変(軽度)(発症後20年経過していない方) 2,500万円
肝硬変(軽度)(発症後20年経過、現在肝硬変の方、または過去に肝硬変の治療を受けたことがある方) 600万円
肝硬変(軽度)(発症後20年経過、すでに肝硬変は治癒していて、過去に肝硬変の治療を受けたことのない方) 300万円
慢性B型肝炎 (発症後20年経過していない方) 1,250万円
慢性B型肝炎 (発症後20年経過、現在慢性B型肝炎の方、または過去に慢性B型肝炎の治療を受けたことがある方) 300万円
慢性B型肝炎 (発症後20年経過、すでに慢性B型肝炎は治癒していて、過去に慢性B型肝炎の治療を受けたことのない方) 150万円
無症候性キャリア(感染後20年経過していない方) 600万円
無症候性キャリア(感染後20年経過した方) 50万円

検査費用など※

※和解成立後は、毎年発生する定期検査費用、母子感染防止医療費(ご本人さま分、お子さま分)、世帯内感染防止医療費は国が負担します(ただし、上限があります)。
※和解後に病態が進展した場合には、上記和解手続きによらず支払基金に直接請求を行い、要件を満たした場合には追加給付金の支払いが行われます。

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-783-005

受付時間

平日 10:00 〜 18:00

※上記以外と土日祝日は自動音声にて承ります。
※お電話頂く際には、番号をお確かめのうえおかけまちがいのないようにお願いします。


B型肝炎訴訟給付金の受給対象者TOPへ

法律事務所MIRAIOは豊富な医療訴訟の経験をもとにB型肝炎訴訟の解決に取り組んでおります。
無料相談から訴訟の解決に至るまで様々な問題をサポートします。