債務整理 | 弁護士法人法律事務所MIRAIO


  • 債務整理TOP
  • 任意整理(和解)
  • 民事再生(個人再生)
  • 自己破産
  • 事例一覧
  • よくあるご質問
  • 費用について
  • MIRAIO TOPに戻る

MIRAIOの債務整理

債務整理のご相談は、悩まずにすぐミライオへ!ご相談は無料です。

借金を減らしたい・無くしたい、過払い金を取り戻したい、そんなあなたのお悩みを弁護士が解決いたします。

債務整理とは?

債務整理とは、借金の減額や、支払期間の調整等により、法的に借金問題を解決するための手続きのことです。債務整理の手続きでは、まずは利息制限法に基づく引き直し計算を行い借金が減るものがないか、過払い金請求ができるものがないかを調査します。 利息制限法に基づく引き直し計算を行ってもなお借金が残る場合には、『任意整理』を行うか、法的整理(『民事再生(個人再生)』、『自己破産』)を行うかを検討します。
いずれの手段をとるかは、収入と借入金額の関係で決まります。具体的には、長期分割にすれば収入との関係で支払いが可能な場合には任意整理による解決を、長期分割にしてもなお返済が困難な場合には法的整理による解決を図ることになります。
どのような手段により解決するのが最適かは、収入、借入金額、その方の資産状況などによって変わってきます。弁護士が、ご相談者の状況に応じて、最適な解決方法をご提案いたします。

「借金が減らない」、「毎月借金の返済ばかりで貯金が出来ない」、「老後が心配」と一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。早めにご相談いただくことで解決への選択肢が広がります。借金をなくして、さあ、前に進む人生を。

任意整理(和解)

弁護士が借入業者と任意に交渉して、借金を整理する手続です。
利息や月々の返済額を減らすことで、現在の支払よりも負担を軽減します。
裁判所を通さない手続きなので、自己破産や個人再生とくらべて手続きが簡単です。

民事再生(個人再生)

裁判所に申し立てて借金を減額してもらう手続きです。
現在の債務を大幅に減額したうえで、3〜5年間の分割払いで返済していきます。
一定の条件を満たせば、住宅を残すこともできます。

自己破産

裁判所に申立てて、すべての債務を免除してもらう手続きです。
税金などを除くすべての債務を支払う必要が無くなりますが、支払不能と判断された場合に適用される制度です。

債務整理に関するよくあるご質問

債務整理に関するよくある質問をまとめました。詳細はよくあるご質問一覧ページをご覧ください。

Q
債務整理で弁護士に相談するために、用意すべきものは何ですか?
A
●ご用意いただくもの
(1)借入先の名称、借金の残高などがわかる書類(契約書や領収書など)
※上記のような書類がお手元にない場合には、ご記憶の範囲でお借入状況をおまとめ頂ければ結構です。
(2)現在の収入がわかる書類(給料明細、源泉徴収票、確定申告書の写しなど)
(3)借入先のカード(クレジットカード類)
(4)身分証明書(運転免許証、パスポート、健康保険証など)
(5)印鑑(認印で可)※ただし、シャチハタを除く。
Q
今の借金の金利が、法律で決まっている上限を上回っている場合、引き下げは可能ですか?
A
可能です。弁護士にご相談ください。
貸付金利については、利息制限法で上限が定められており、この金利を超える分は無効とされています。よって、弁護士にご依頼いただければ、金利を引き下げるだけでなく、今までに払い過ぎた利息を取り戻すこともできる可能性があります。
Q
自分で破産手続きを進める場合のメリット・デメリットは何ですか?
A
メリットとしてもっとも大きいのは、弁護士費用がかからないので、破産手続きにかかる費用を節約することができることです。 特にめぼしい財産の無い場合の破産手続(同時廃止)を弁護士に依頼する場合、一般に、着手金として20〜30万円、さらに成功報酬として20〜30万円程度の費用がかかります。
その点、MIRAIOでは、着手金はなく、弁護士費用として29万円(同時廃止の場合)で処理を行っています。
※その他、申立にかかる諸経費(2.5万円)もかかります。
デメリットですが、「煩雑な破産手続をご自身でこなさなければならないこと」「破産申立まで借入れ業者からの取立てを止めることが出来ないこと」等があげられます。
※弁護士にご相談頂ければ、すぐに借入れ業者からの取立てを止める事が出来ます。

それをふまえた上で、ご検討ください。
Q
借金返済の負担を軽減する方法はありますか?
A
借金の整理を行う手段としては、「任意整理」、「民事再生(個人再生)」、「自己破産」などの手続きがあります。安定した収入があり、消費者金融等などの借入れ業者の数が少ない場合で、なるべく裁判による手続きを行いたくないのであれば任意整理という方法がとれますが、安定した収入があっても、それだけでは借金全額を返済できない場合には、借入れの一部を大幅に免除してもらう民事再生手続が有効です。収入が不安定な方、借入れの額が大きすぎる方の場合、破産申立を検討せざるを得なくなる可能性が高いと言えます。
Q
知人に名義を貸して借り入れした場合、返済の義務はありますか?
A
実際にお金を受け取ったのが知人の方であっても、お借り入れの名義人であるあなた自身に返済の義務があります。貸金業者なども、あなたに対して返済を迫ります。名義貸しにはくれぐれもご注意ください。
Q
住宅ローン返済中の持ち家を手放さずに、債務整理することは可能ですか?
A
債務整理をする前に、住宅ローンの金利が現在の市場水準よりも高いようならば住宅ローンの借り換えをご検討ください。
それでも債務整理の必要がある場合には、下の二つの方法によれば持ち家を手放す必要はありません。
ただし、住宅ローンを支払いつづけることに変わりはありません。

●任意整理
裁判所を通さず、弁護士が借入れ業者と交渉して、借金を整理する手続きです。まず、お客様から交渉依頼のあった借入れ業者に対し、借金がどの位あるかについて調査を行います。その結果に基づいて、弁護士が借入れ業者と個別に減額交渉して、減額した金額に原則利息をつけずに、3〜5年程度の長期分割で返済していきます。

●民事再生(個人再生)
裁判所に申請して行う手続きです。民事再生法という法律に則り、借金の圧縮(一部免除)を行いますので、通常は任意整理の場合よりも大幅な減額が可能です。さらに、残った借金は、原則3年間で無利息の分割払いを行います。また、「住宅ローン特例」という特則を適用することにより、住宅ローンが残っている住宅を守りながら手続きを進めることが可能です。
Q
借金が膨らみ毎月の返済は苦しいが、ある程度の金額なら給料から返済が可能な場合、破産せずに済む方法はありますか?
A
破産以外の債務整理の方法には、「任意整理」と「民事再生(個人再生)」という方法があります。
「任意整理」というのは、裁判所を通さず、弁護士が借入れ業者と交渉して、借金を整理する手続きです。まず、お客様から交渉依頼のあった借入れ業者に対し、借金がどのくらいあるか調査を行います。その結果に基づいて、弁護士が借入れ業者と個別に交渉して、減額した金額に原則利息をつけずに、3〜5年程度の長期分割で返済していきます。
次に、「民事再生(個人再生)」というのは、裁判所に申請して行う手続きです。民事再生法という法律に則り、借金の圧縮(一部免除)を行いますので、通常は任意整理の場合よりも大幅な減額が可能です。さらに、残った借金は、原則3年間で無利息の分割払いを行います。
ただし、いずれも手続きが可能かどうかは、状況によって異なりますので、詳しくは弁護士にご相談ください。

過払い金とは

過払い金とは、過去に高い利率で返済していた場合、利息制限法に基づいた金利で利息を再計算したときに、払い過ぎていたお金のことです。この払い過ぎた分を差し引くことで、今ある借金を減額できたり、場合によっては借金がなくなり過払い金の返還を求めることができます。

過払い金のメリット

払い過ぎた利息が返ってくる
⇒ 過去に高い利息で返済していた場合などで、払い過ぎた利息があれば、そのお金が返ってきます。

過払い金のデメリット

借金返済中で、引き直し計算後に借金が残ってしまった場合は債務整理としてブラックリスト(事故情報)に記載されます。
※借金を完済している方や、返済中でも引き直し計算後に借金が残らなかった方には、特筆すべきデメリットはありません。

【よくある誤解】

1. 過払い金を請求するとブラックリストに載ってしまう?

いいえ。すでに借金を完済している場合の過払い金請求であれば、ブラックリスト(事故情報)には記載されません。
また、借金を返済中であっても、引き直し計算後に借金が残らなかった場合は記載されません。

2. 長いこと返済を続けていますが、完済するまでは過払い金の調査はできない?

いいえ。返済中であっても過払い金の調査は可能です。利息制限法に基づいた金利で利息を再計算した際に、払い過ぎた利息があれば返ってきます。
※引き直し計算後に借金が残ってしまった場合は、債務整理としてブラックリスト(事故情報)に記載されてしまいます。それでも、長期間にわたって返済をされているのであれば、過払い金が出る可能性はありますし、仮に借金が残ってしまったとしても借金の減額ができる可能性もありますので、お客様にとってメリットがあると言えます。

3. 当時の契約書やカードがないから請求はできない?

いいえ。契約書やカードがなくても請求は可能です。取引業者名さえ教えていただければミライオがお調べいたします。

注意事項

過払い金請求の時効は完済した日から10年です。

最後に返済をした日から10年経過すると、時効になってしまい過払い金が取り戻せなくなってしまいます。取り戻せなくならないよう、「なんとなく面倒そう」、「弁護士に依頼するのはちょっと・・・」と一人で悩まずに、まずはご相談ください。ご相談は無料です。

計算方法によって、過払金の金額が異なります。

利息制限法による利息の引き直し計算方法には、すでに過払いが発生している状態であらたな借入れをした際に、それをどう計算するかによって「利息充当方式」と「利息非充当方式」という2つの考え方があります。
「利息充当方式」はお客様の利益となる(過払金の金額が大きくなる)計算方法であり、最高裁にも認められた方法であることから、当事務所でもこの計算方法を採用しています。
他方で、貸金業者側は少しでも返還する過払金が少なくなるように「利息非充当方式」を採用したり、また、一部の法律事務所・司法書士事務所などでも、(貸金業者側が納得してくれず)過払金の返還交渉が長期化することを避けるため、「利息非充当方式」を選択していることがあるようです。
とはいえ、「利息充当方式」でも交渉が長期化するとは限りませんし、多少時間がかかってもなるべく多くの金額を回収したいという場合もあるでしょう。また、「利息非充当方式」はすぐに解決する、と一概に言えるものではないため、過払金の回収を依頼するにあたっては、お客様側からもこういった点に着目していただくことが大切だと思われます。

ミライオの任意整理(和解) 解決事例

借金が劇的に減少!

この方は、子供の将来のために、今の借金生活を改善しなければいけないと考えていました。
しかし、どこに相談すれば良いのか分からず、ただ月日だけが流れ、返済するために借入れを続けていました。

結果:借金の大幅な減額につながりました

借金は下表にあるように1社が約3分の2を占め、かつ、その1社の取引期間が15年と長期に渡っています。
そのため、利息制限法の利率に引き直すと大幅な減額が見込まれます。このようなケースでは、任意整理(和解)が選択されます。
月々の返済による負担が軽減し、年間で60万円の貯蓄をすることができるようになりました。子供が小学生の間に完済できるので、学費の負担が大きくなる前に借金問題が解決でき、また3年後からは高校・大学進学のための貯蓄もできるようになります。

借入先 現在までの借入期間 現在の借入額 依頼後は・・・
A社 15年 1,980,000円 90,000円
B社 2年 490,000円 370,000円
C社 1年7ヶ月 390,000円 340,000円
D社 9ヶ月 190,000円 180,000円
E社 1ヶ月 140,000円 140,000円
合計 3,190,000円
86,000円/月
1,120,000円
31,000円/月
ミライオの任意整理(和解)についてはこちら
  • ・34歳サラリーマン
  • ・扶養家族:
    妻(32歳/専業主婦)
    子供2人(6歳・5歳)
  • ・借金総額:
    計320万円(消費者金融5社)

ミライオの民事再生(個人再生) 解決事例

突然の給料カット…でも住宅だけは守ることができました。

住宅ローンは1,650万円ほどあり、月返済額は約6万円です。 歩合が給与の大半を占めているため、不況になった途端、収入が約半分程度にまで落ち込んでしまいました。
そのため、住宅ローン返済の不足分を賄うために、借入れを始めました。
その後、借入れをしてしまうことに抵抗が薄れたせいか、徐々に借入れが増え、気づいたら住宅ローン以外でも1,133万円にまで増えていました。
これから子供の教育費もかかるのにどうすればいいのかと悩み、相談しました。

結果:個人再生を行い、住宅を残しながら借金問題を解決

ミライオに相談し、「住宅だけは残したい」との思いを伝えたところ、個人再生の手続きを勧められました。
ローンが残っていた車は、そのローン会社に引き上げられましたが、自宅はしっかりと残したまま手続きを進めることができました。
また、今回をきっかけに、家計を見直す習慣が身につき、少額ではありますが、貯金も出来るようになりました。
あの時、1人で悩まずに、相談して本当に良かったと思いました。

ミライオの民事再生(個人再生)についてはこちら
  • ・44歳男性
  • ・扶養家族:
    妻・子供2人(中3・小5)

ミライオの自己破産 解決事例

パチンコ依存から脱出、徐々に貯蓄できるようになりました。

独身時代から日常的にパチンコをしており、結婚後もこれを止められず、小遣いでは足りなくなったので借入れを始めました。
当初はパチンコのために借入れをしていましたが、次第に債務返済に追われるようになり、借入れと返済を繰り返した結果830万円もの債務を負うこととなりました。

結果:破産を選択し返済に悩まされず、貯蓄が出来るまでに家計を改善

ミライオに相談したところ、業者との取引期間が長かったことから、ひとまず債務総額の調査をして最終的な方針を決めることとなりました。
調査において利息制限法に基づき引き直し計算したところ、借金が約460万円にまで減ることになりましたが、今後、返済できる金額でなかったため破産を選択しました。
今では返済に悩まされず、収入の範囲で生活しており、少しずつですが貯蓄が出来るまでに家計が改善しました。
また、パチンコに依存してしまったことを強く反省しています。
立ち直るきっかけをくれたミライオさんには、本当に感謝しています。
ありがとうございました。

ミライオの破産についてはこちら
  • ・52歳男性
  • ・妻・義母の3人暮らし

債務整理ガイド 債務整理の解決モデルを検索!

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-783-005

【 24時間365日受付 】

※お電話頂く際には、番号をお確かめのうえおかけまちがいのないようにお願いします。

ページTOPに戻る

債務整理のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
借金を減らしたい・無くしたい、過払い金を取り戻したい、そんなあなたのお悩みを弁護士が解決いたします。