すべての人に未来を

24時間365日受付お問い合わせ

弁護士法人 法律事務所 MIRAIO

高齢者支援

事例紹介

高齢者支援の解決事例をご紹介します。

カテゴリ別一覧:

事例1
Aさん

経緯

私は、認知症の妻と二入暮らしです。自分もこの先、高齢で衰えた場合、また妻より先に逝った場合、認知症の妻の世話や施設入所、財産管理などをどうすればよいか悩んでいます。

MIRAIOからの
支援内容

家庭裁判所に成年後見人選任の申立てをし、妻に成年後見人を付けます。夫も高齢なので成年後見人には弁護士などの第三者を選任します。

結果

これにより、日常のことは夫が世話をし、それ以外の法律的な行為は弁護士が代理して行います。夫が先に亡くなっても、認知症の妻の後見人の地位に影響はありません。

事例2
Bさん

経緯

父が亡くなり、相続人間で遺産分割の協議をすることになりましたが、母親が認知症では遺産分割協議はできないといわれました。預貯金の相続手続きでも母が単独で行為することは困難です。家族では代理人となれないので、何か良い方法を教えてください。

MIRAIOからの
支援内容

家庭裁判所に成年後見人もしくは保佐人選任の申立てをします。

結果

ただし、遺産分割協議では相続人同士は利害が対立する関係にあるので、相続人は成年後見人・保佐人にはなれません。よって、相続人以外の者(できれば弁護士)を成年後見人として選任してもらいます。成年後見人が本人を代理して遺産分割協議をし、相続手続きを進めていきます。

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。