すべての人に未来を

24時間365日受付お問い合わせ

弁護士法人 法律事務所 MIRAIO

労働問題

事例紹介

労働問題の解決事例をご紹介します。

カテゴリ別一覧:

事例1

経緯

飲み会の帰り、社長から「自宅に送るよ」と言われて断れませんでした。車中でやたら体を触りまくってきて、その日は逃げ切りましたが、この日を境に、わいせつメールを送りつけてきたり、社長室に呼びつけて口説こうとしたり、セクハラが止まりません。

MIRAIOからの
支援内容

Aさんは、社長に釘を刺すような内容の内容証明郵便の文案をMIRAIOに作成依頼。

結果

仕事に愛着があり、社長も魔が差したのだろうと考え、余り大ごとにしたくない意向でした。さいわい社長も目を覚まされたようで、以後、社長の謝罪とともにセクハラは止み、仕事も順調とのことです。

事例2

経緯

部長から、連日「能力がない・売上がない・やる気がない」と罵倒されノイローゼ気味に。ほかの課長と同等以上の成績なのに、何か恨みでもあるのか。そう言えば、前に仕事のやり方で口論となったことがあったが、まさかそれが原因?

MIRAIOからの
支援内容

精神的にも追い詰められ、医師の診療を受けました。このままでは心身ともに壊れてしまうと考え、思い切ってMIRAIOに、部長のパワハラを止めるように交渉を依頼。

結果

会社も巻き込んで通知したところ、会社が事態の重大さに気づきBさんに謝罪。部長は移動して、Bさんは無事職場復帰を果たすことができました。

事例3

経緯

長期間にわたって、同僚男性からのセクハラ被害を受けていました。恥ずかしさのため、誰にも言えず、ひとり苦しみ続けてきましたが、とうとう消化器・精神面で重大なダメージを受けました。

MIRAIOからの
支援内容

本件は、犯罪すれすれのかなり悪どいケースで、思い切って訴訟を提起することをDさんは決意されました。

結果

厚顔無知な加害者は、証拠が少ないのをいいことに、シラを切っていましたが、職場の同僚たちの証言や、反論の矛盾点を突かれて往生し、最後に白旗を揚げて、慰謝料・治療費・休業した分の賃金の高額な支払いに応じる和解が成立しました。

事例4

経緯

前から上司が何かにつけ体を触るのでうとましかったのですが、ある日、会社の飲み会で、その上司が皆の見ている前でキス!恥ずかしくて店を飛びだしました。会社の相談窓口で相談しましたが、「酒席だから」と言い逃れ。上司からは一向に謝罪がありません。

MIRAIOからの
支援内容

Cさんも、最初は謝罪で済ますつもりでしたが、会社ぐるみでセクハラを否定しようとしていると考え、MIRAIOに労働審判手続の申立てを依頼。

結果

1回の労働審判手続期日で慰謝料の支払いの調停がまとまりました。

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。