すべての人に未来を

24時間365日受付お問い合わせ

弁護士法人 法律事務所 MIRAIO

事業再生

事例紹介

事業再生の解決事例をご紹介します。

カテゴリ別一覧:

事例1

経緯

債務超過であり、事業の見通しは暗く、現在も報酬なしで必死に働いてはいますが、先行きが全くみえない状況です。

MIRAIOからの
支援内容

社長の精神面、肉体面の疲労も考慮し、ただちに法的整理が妥当と判断。

結果

速やかに法的な手続きをとるとともに社長の健康面を考慮し、従業員や取引先への説明、説得についてもベストの方法をすりあわせ実行した。手続とともに社長の健康も上向いてきている。

事例2

経緯

現在の状況では、会社の法的整理はやむをえないと判断していますが、個人所有の自宅が会社借入の担保にはいっており、自宅に住み続けたいという家族を説得することが出来ないでいます。

MIRAIOからの
支援内容

客観的なデータの説明とともに、出来る限りのアドバイスと親身な説明を行い、家族にもご納得いただくことが出来ました。

結果

現在、人生の再スタートへ向けて大きな一歩を踏み出しています。

事例3

経緯

経緯を入力します給与の遅配を何度か繰り返し、今月末には取引先への支払いはもちろんのこと、金融機関への返済も出来ない状況まで追い込まれています。保証人の問題もあり、夜も寝ることが出来ない状況が続いています。

MIRAIOからの
支援内容

保証人への事情説明をフォローし、結果、保証人とともに法的整理を行うことに。

結果

破産手続きは新たな一歩を踏み出すための前向きな手続きであるということを認識した社長は、現在、破産手続きを真摯に進めており、人生の建て直しを図っています。

事例4

経緯

年商4000万円、従業員6名の電気工事業を行っていますが、資金繰りが上手くいかず、代表者個人の借入等でなんとか経営を続けています。今後も営業黒字になる見込みが無く、この先どうすればよいのかわからない状態です。

MIRAIOからの
支援内容

資産よりも債務が大きくなり、経営も赤字で今後も回復の見込みが無い状況であったため、破産手続を行うことに。ほとんど現金が無かったが、最後の売掛金で破産の費用を用意し、また、従業員の未払給与は国が一部を立替払いしてくれました。

結果

その後、手続きは無事終わり、前向きな破産処理を行うことで解決に導きました。

事例5

経緯

年商6000万円、従業員5名の服飾品製造及び販売業を営んでいます。5店舗あるのですが、1店舗のみ黒字でその他は赤字経営です。黒字店舗について従業員から、引き継ぎたいとの話を受けているが、どうすればいいのか困っています。

MIRAIOからの
支援内容

アリングをした結果、すぐに資金ショートすることが予想され、買掛金の決済も間に合わない状態であったため、破産申立を早急に行い、破産手続きの中で採算店舗を譲渡することを決断しました。

結果

破産管財人の協力もあり、1店舗は従業員に引き継ぎ、会社本体は破産手続きにて無事終了しました。

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。