B型肝炎訴訟について
弁護士法人法律事務所MIRAIO

MIRAIO

0120-783-005 平日10:00〜18:00

B型肝炎訴訟について

B型肝炎訴訟の歴史

年 月 事  項
昭和23年7月ころ 集団予防接種が始まる
昭和33年 厚生省が注射針の煮沸ないし石炭酸水による消毒の周知徹底を図り注射針を一人ごとに交換するとの規則の改正
昭和63年1月27日 国が注射器の連続使用の中止を指導
平成元年 B型肝炎に感染した5名の方が国に対して損害賠償請求訴訟を提起
平成18年1月 最高裁判所の判決により国の責任が確定(原告勝訴判決)
平成20年3月以降 700名以上の方々が国に対し集団訴訟で訴訟を提起
平成22年5月 原告・弁護団と国が和解協議を開始
平成23年6月 原告・弁護団と国の間で「基本合意書」が成立
平成24年1月13日 「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」が施行
平成27年3月 「基本合意書(その1)」では未解決だった死亡または肝がん、肝硬変(軽度)の発症から20年が経過してしまった場合の給付金についての取り決めをした「基本合意書(その2)」が成立
平成28年5月 請求期限を平成34年1月12にまで延長とすることなどを盛り込んだ「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法の一部を改正する法律」が成立