HBs抗原とは
弁護士法人法律事務所MIRAIO

0120-783-005 平日10:00〜18:00

HBs抗原

B型肝炎ウイルスの感染を見つけるために、まず行われる検査です。
HBs抗原・抗体とも陰性(-)なら、ウイルスに感染していません。
HBs抗原が陽性(+)の場合は、B型肝炎ウイルスに感染しています。すでに肝炎を発症していることもありますが、やがて発症してくる可能性もあります。しかし肝炎が発症しない状態が長期間つづくことがあり、この状態を無症候性キャリアといい、何年も何十年もそのままの状態が続くことがあります。
用語集TOPに戻る