すべての人に未来を

24時間365日受付お問い合わせ

弁護士法人 法律事務所 MIRAIO

B型肝炎訴訟

検査方法の用語集

カテゴリ別一覧:

ウイルスマーカー

ういるすまーかー

ウイルスに感染すると、血清中に特有のたんぱく(抗原・抗体)や、ウイルスの遺伝子が出現します。 この抗原や抗体をウイルスマーカーといいます。
抗原は、ウイルスそのものか、ウイルスの一部で、検査で血液中にその存在が証明される場合は、現在ウイルスに感染中であることを示します。
抗体は、抗原が血液中に出現後につくられるたんぱくで、ウイルスを捕えて無毒化し、病気を発症させない働きをするもの(中和抗体)と、そのような働きのないものとがあります。
検査で、抗体や抗原の存在が証明された場合を陽性(+)、証明されなかった場合を陰性(-)といい、その結果によって、現在どんな状況にあるかがわかります。

B型肝炎ウイルスマーカー検査とは、 B型肝炎ウイルス(HBV) の抗原と、それに対する抗体を血液検査によって調べ、B型肝炎の感染や治療経過を判断する検査です。
B型肝炎ウイルス(HBV)には、HBs抗原、HBs抗体、HBc抗体、HBe抗原、HBe抗体、HBV-DNAなどのウイルスマーカーがあります。

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。