すべての人に未来を

24時間365日受付 お問い合わせ

B型肝炎訴訟

検査方法の用語集

カテゴリ別一覧:

アラニンアミノトランスフェラーゼ
アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)とは、肝臓、腎臓、心筋、骨格筋などに含まれる酵素の一つです。以前は、GPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)と呼ばれていましたが、現在はALTが一般的な名称です。 ALTは...
ウインドウ期
ウインドウ期とは、感染症を引き起こすウイルスに感染してから、検査で感染を確認できるまでの期間のことです。ウインドウ期は、ウイルスの種類や検査方法によって異なり、HIV(エイズ)であれば3~6週間、梅毒であれば3~4週間です。 ...
ウイルスマーカー
B型肝炎ウイルスに感染すると、ウイルスを構成するたんぱく(HBs抗原、HBe抗原)が血中に流出します。さらに、これらの抗原に対応した抗体(HBs抗体、HBe抗体、HBc抗体)が作られ、血中に現れます。このような抗原や抗体をB型肝炎...
HBs抗原
B型肝炎ウイルスの感染を見つけるために、まず行われる検査です。HBs抗原・抗体とも陰性(-)なら、ウイルスに感染していません。HBs抗原が陽性(+)の場合は、B型肝炎ウイルスに感染しています。すでに肝炎を発症していることもあります...
HBs抗体
HBs抗体が陽性(+)なら以前に感染し、治癒したことを示していて、原則再び感染することはありません。また、感染予防のため予防接種した場合にも、HBs抗体は陽性となります。 ...
HBc抗体
HBc抗体の陽性(+)の程度を調べると、初めての感染か、またはキャリアかどうかなどが分かります。 ...
HBe抗原
HBs抗原が陽性(+)の場合に、感染の程度を調べるために行います。HBe抗原が陽性(+)なら、ウイルスの量が多くて、感染力が強く増殖力が活発であることを示します ...
HBe抗体
HBs抗原が陽性(+)の場合に、感染の程度を調べるために行います。HBe抗体が陽性(+)なら、ウイルス量は少なくなっていて、感染力や増殖力も弱まっていることを示しています。 ...
HBV-DNA
HBV-DNAとは、B型肝炎ウイルス(HBV)のDNA(遺伝情報を保持する遺伝子の集合体)のことです。HBV-DNAには、ウイルスマーカーとしての役割があり、HBV-DNA定量検査(血液中にHBV-DNAがどれぐらいの量含まれてい...
HBVジェノタイプ
ジェノタイプの意味は、直訳すると「遺伝子型」です。HBV(Hepatitis B Virus)はB型肝炎ウイルスのことですので、HBVジェノタイプとは、B型肝炎ウイルスの遺伝子型のことになります。B型肝炎ウイルスのジェノタイプは、Aか...

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。