すべての人に未来を

24時間365日受付 お問い合わせ

B型肝炎訴訟

検査方法の用語集

カテゴリ別一覧:

アラニンアミノトランスフェラーゼ

あらにんあみのとらんすふぇらーぜ

アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)とは、肝臓、腎臓、心筋、骨格筋などに含まれる酵素の一つです。
以前は、GPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)と呼ばれていましたが、現在はALTが一般的な名称です。

ALTは、主に肝細胞が壊れることによって、血中に流れ出します。
そのため、血中のALTの量を検査することによって、肝機能障害の有無や程度を確認することができます。正常なALT値は30U/L以下ですので、それを超えると肝機能障害が疑われます。

同様の酵素で、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)というものもあります。これは心筋、肝臓、骨格筋、腎臓、赤血球などに存在しており、やはり、肝細胞が壊れることによって、血中に流れ出します。

通常だとALTよりもASTの方が高くなりますが、ALTの方が高いか、ALTだけ高いような場合には、慢性肝炎や脂肪肝が原因の可能性があります。

ALTを下げるには、肝機能障害を起こしている原因を明らかにする必要があります。
B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスなどによるウイルス性肝炎の場合は、薬による抗ウイルス治療が効果的です。
脂肪肝は、食生活の乱れや運動不足が原因ですので、バランスの良い食事と適度な運動を心がけましょう。
アルコール性肝機能障害の場合は、飲酒を控えるようにしましょう。
また、ストレスによって自律神経が乱れると、肝臓に負担がかかって肝機能障害を引き起こす可能性もありますので、ストレス発散することもALT改善には効果的と言えるでしょう。

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us. 24時間365日受付

Tell 電話で相談受付 Mail Form メールで相談受付 Document Request 資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。