すべての人に未来を

24時間365日受付 お問い合わせ

B型肝炎訴訟

検査方法の用語集

カテゴリ別一覧:

HBVジェノタイプ

せろこんばーじょん

ジェノタイプの意味は、直訳すると「遺伝子型」です。HBV(Hepatitis B Virus)はB型肝炎ウイルスのことですので、HBVジェノタイプとは、B型肝炎ウイルスの遺伝子型のことになります。

B型肝炎ウイルスのジェノタイプは、AからJまでの10タイプに分類されます。以前は、AからHまでの8タイプに分類されていましたが、近年になって、ジェノタイプI(Cの亜型)とJが明らかになりました。
ジェノタイプは、さらに、Aa、Ae、Ba、Bjなどのサブジェノタイプに細分化されます。

ジェノタイプの分布は、地域によって特色があり、ヨーロッパはA、D、G、東アジアはB、Cが多くなっています。
日本に存在するB型肝炎ウイルスは、ほとんどがAからDの4タイプに属します。この中でも、一番多いのがジェノタイプCで全体の約85%を占めます。その次がジェノタイプB(約10%)で、その次がジェノタイプA(数%)となっています。

B型肝炎ウイルスのジェノタイプCは、肝細胞がんを発症しやすく、その予後は悪い(病状が悪化する可能性が高い、生存率が低い)と言われています。
一方、ジェノタイプB(サブジェノタイプBj)は、そのほとんどが無症候性キャリアとして一生を終え、肝細胞がんを発症する確率は極めて低いです。
一般的に、成人後にB型肝炎ウイルスに感染しても、一過性で済みますが、ジェノタイプA(サブジェノタイプAe)の場合は、成人後に感染しても10~15%の確率で慢性化(持続感染)します。

B型肝炎ウイルスのジェノタイプ検査の方法には、RFLP法、EIA法、塩基配列に基づく系統解析があります。このうち、保険適用されるのは、EIA法です。
ジェノタイプ検査の費用は、病院によって異なりますが、だいたい8,000円~10,000円です。保険が適用されれば、自己負担額はその20~30%になります。

B型肝炎給付金請求の手続きでは、平成8年以降に感染が判明した方については、ジェノタイプがAeではないことを証明するために、ジェノタイプ検査結果の提出が求められています。

関連キーワード

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。