すべての人に未来を

24時間365日受付 お問い合わせ

債務整理

債務整理全般のよくあるご質問

カテゴリ別一覧:

住宅ローン返済中の持ち家を手放さずに、債務整理することは可能ですか?

債務整理をする前に、住宅ローンの金利が現在の市場水準よりも高いようならば住宅ローンの借り換えをご検討ください。 それでも債務整理の必要がある場合には、下の二つの方法によれば持ち家を手放す必要はありません。 ただし、住宅ローンを支払いつづけることに変わりはありません。 ●任意整理 裁判所を通さず、弁護士が借入れ業者と交渉して、借金を整理する手続きです。まず、お客様から交渉依頼のあった借入れ業者に対し、借金がどの位あるかについて調査を行います。その結果に基づいて、弁護士が借入れ業者と個別に減額交渉して、減額した金額に原則利息をつけずに、3~5年程度の長期分割で返済していきます。 ●民事再生(個人再生) 裁判所に申請して行う手続きです。民事再生法という法律に則り、借金の圧縮(一部免除)を行いますので、通常は任意整理の場合よりも大幅な減額が可能です。さらに、残った借金は、原則3年間で無利息の分割払いを行います。また、「住宅ローン特例」という特則を適用することにより、住宅ローンが残っている住宅を守りながら手続きを進めることが可能です。

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。