相続放棄|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 相続・相続税 相続放棄支援サービス

相続放棄支援サービス相続 手続きは、簡単なようで難しい…

多額の借金まで相続しないために、MIRAIOが手続きのサポートをします!

こんな悩み、ありませんか?

  • 先日夫が亡くなったのですが、葬儀が終わった途端、複数の消費者金融から私の知らない夫の借金の督促が来てしまい・・・
  • 先月、別居していた父が亡くなりましたが、自宅のローンの返済がまだ済んでいなかったようで・・・
  • 死亡した父親の財産状況がよくわからないので、相続すべきかどうか決めかねている。

MIRAIOはこう解決します。

  • 相続放棄支援サービス 家庭裁判所に対して行う相続放棄や限定承認などの手続きの支援をするサービスです。
よくあるご質問
費用について

相続放棄支援

相続で引き継ぐ財産とは、プラスの資産ばかりではありません。マイナスの財産(負債)、いわゆる借金も相続の対象となる財産です。そして、相続を承認すると、このマイナスの財産を引き継ぎ、相続人が借金の返済をしなければなりません。とくに被相続人が債務超過であることが明らかな場合、単純に相続することはお勧めできません。

このような場合に有用な手続きが、「相続放棄」です。相続放棄は、通常は亡くなった方の最後の住所地を管轄している家庭裁判所に、相続を放棄する旨の申述をすることにより行います。

その際に注意しなければならないのは、相続放棄の手続きには3カ月以内という期間の制限があること、また3カ月以内の間でも相続が発生したことを知って相続財産の処分をすると、相続を承認したものとみなされて放棄ができなくなること、等です。

MIRAIOでは、速やかに相続の放棄の手続きをすべく、弁護士があなたのお手伝いをします。また、相続放棄以外の「限定承認」の申請のお手伝いも致します。

  特徴 効果 手続き
相続放棄(民法938条〜) 被相続人が債務超過であることが明らかな場合に使われる制度です。 初めから相続人でなかったことになる。よって,一切の財産を相続しなくなる。 死亡を知ってから3か月以内に家庭裁判所に申立をし,受理してもらいます。単独で手続きができます。
限定承認(民法922条〜) プラスとマイナスどちらが多いか不明な場合には,この制度が便利です。 相続財産中,マイナスの財産(負債)については,プラス財産(資産)の範囲内で相続することになります。 死亡を知ってから3か月以内に家庭裁判所に申立をしますが,相続人全員で行う必要があります。
単純相続(承認)(民法920条〜) 通常の相続。相続放棄,限定承認をしないと,単純相続したことになります。 プラスの財産もマイナス財産もひっくるめてすべての遺産を相続することになります。 特別の手続きを要しません。ただし,相続財産を消費したりすると単純相続したものとみなされます。
あなたのお悩みも、MIRAIOへ相談してみませんか!

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

参考事例 Aさん(48歳 女性)

Aさんは、夫の葬儀後、消費者金融各会社からの支払い督促に驚きました。なんと夫はAさんに内緒で多額の借金をしていたのです。夫には資産と言えるようなものはなく、Aさんはこれらの督促に困って、弁護士に相続しました。

MIRAIOに依頼

弁護士から説明を受けた結果、相続放棄の手続きがあることを知り、弁護士の支援のもと、すぐさま家庭裁判所に相続放棄の手続きをしました。Aさんが、裁判所からもらった相続放棄の受理書をサラ金会社に一斉に送ったところ、支払い催促は一切来なくなりました。

参考事例 Bさん(35歳 男性)

Bさんは、一人暮らしの父親の死亡後に遺産を調べたところ、住宅ローン返済中の不動産のみが相続財産とわかりました。ローンの残額はそれほど大きくなく、売却した場合、売却益でローンを完済すれば、いくらか手元に残るかもしれないという状況でした。相続するべきかどうか悩んだBさんは、弁護士に相談してみました。

MIRAIOに依頼

相続財産が全体としてプラスかマイナスかが不明なため、限定承認という相続手続きを選択するよう弁護士からアドバイスを受けました。相続人はBさん以外に弟がいましたが、遠方に住む弟には相続放棄をしてもらい、Bさんは限定承認を家庭裁判所へ申し立てました。その結果、不動産を売却代金とローン残債務との差額である300万円を相続することになりました。

あなたのお悩みも、MIRAIOへ相談してみませんか!

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

よくあるご質問
費用について

解決までの流れ

STEP1 ご予約
フリーダイヤル(0120-783-005)にかけて弁護士との法律相談をご予約下さい。まずは名前、電話番号等をお伺いした後、MIRAIOの弁護士からお電話をおかけいたします。
STEP2 弁護士相談
ご相談に対してアドバイスを行います。
弁護士は問題点を整理したうえ、見通しやリスクの十分な説明を行います。また、費用についても説明いたします。
STEP3 ご契約
提案内容にご納得いただけたら、ご契約の手続きに入ります(検討して、後日、依頼するということでも結構です)。事務員からご契約の案内をさせていただき、契約書や委任状等の書類を郵送いたします。

解決

相続放棄の手続き

あなたのお悩みも、MIRAIOへ相談してみませんか!

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

よくあるご質問
費用について

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

相続放棄TOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。