すべての人に未来を

24時間365日受付 お問い合わせ

B型肝炎訴訟

B型肝炎についてのよくあるご質問

カテゴリ別一覧:

B型肝炎になると仕事制限されますか?仕事への影響や就職時の注意点はありますか?

B型肝炎であるという理由だけで、仕事制限されることはありません。 無症候性キャリア(症状のないB型肝炎キャリア)や軽度の慢性肝炎の場合は、通常の仕事にはほとんど影響ないでしょう。 ただし、重度の慢性肝炎、肝硬変、肝がんとなってくると、肝機能が低下するため、運動能力や体力の低下、倦怠感などによって、仕事が困難になる可能性があります。 症状を悪化させないためには、継続的な治療を行い、規則正しい生活をおくることが大切です。そのため、B型肝炎キャリアの方が就職するときは、治療と仕事が両立できる職場を選ぶようにしましょう。 肝硬変の病状が進行している場合は、記憶力の低下や瞬時の判断が遅れるという症状が出る可能性があるため、車の運転などの危険を伴う作業は控えた方がよいでしょう。 また、事業者(企業)側にも、従業員が治療と仕事を両立できるための環境づくりや配慮が求められています。 厚生労働省は「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン」を作成し、B型肝炎などの肝疾患に関する留意事項を定めています。 ※参考:厚生労働省「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン」

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。