すべての人に未来を

24時間365日受付お問い合わせ

B型肝炎訴訟

治療法・薬の用語集

カテゴリ別一覧:

肝動脈塞栓術(TAE)

かんどうみゃくそくせんじゅつ TAE:Transcatheter arterial embolization

肝動脈塞栓療法(TAE)は、がんの病巣に栄養を運んでいる血管(肝動脈)を人工的にふさいで、血流をストップさせてがん細胞を死滅させる方法です。 血流が断たれることで、がん細胞が増殖するための栄養が届かなくなるため、いわば、がんを「兵糧攻め」にする治療法になります。
大腿部(ふともも)のつけ根にある大腿動脈から、カテーテルと呼ばれる細いチューブをがん病巣に血液を送っている血管まで進め、ゼラチン粒や塞栓用の薬剤、コイルなどを注入してふさぎます。
全身麻酔を必要とせず、治療は約1~2週間で終わります。

腫瘍の大きさ、広がり、塞栓した程度、肝機能によりますが、発熱、吐き気、腹痛、食欲不振、肝機能障害、胸痛などの副作用が起こる事があります。

関連キーワード

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。