すべての人に未来を

24時間365日受付お問い合わせ

弁護士法人 法律事務所 MIRAIO

B型肝炎訴訟

症状の用語集

カテゴリ別一覧:

黄疸

おうだん

血液中に、黄色い胆汁色素であるビリルビンという物質が異常に増えて、組織に蓄積した結果、皮膚や眼球結膜などが黄色みをおびた状態になることを黄疸といいます。
ビリルビンは、古くなった赤血球が壊される時、その中のヘモグロビンから作られ、健康な人では血液1dl中に0.2~1.0mgみられます。これが2~3mg以上になると、白目や肌が黄色くなり、人によっては尿が茶褐色のビール色を帯びてきたり、便の色が白色になって黄疸に気づく場合もあります。
黄疸がおこるのは、急性肝炎、肝硬変などの病気の他に、胆石やがんによって、胆汁の流れる道がふさがれてしまう閉塞性黄疸、溶血性貧血という血液の病気、生まれつき黄疸を示す体質性黄疸など、さまざまな病気でおこってきます。

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。