労働条件の不利益変更の抵抗(交渉)サービス|労働問題|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 労働問題 労働条件の不利益変更対抗(交渉)サービス

労働条件の不利益変更対抗(交渉)サービス 明日はどの職場ですか、ご主人さま…

賃金カット?いきなり明日から子会社?そんなこと許されるの?

こんな悩み、ありませんか?

  • 会社に個人で話をしても応じてくれない
  • それどころか、退職を仄めかされた・・・
  • 一方的な不利益変更で理由の本当のところはわからない
  • 賃金カットにより、損害が発生している
  • 会社という組織を相手に個人で太刀打ちできない
  • 多忙のため一人で交渉するのが難しい
  • 交渉では解決しそうにない
  • 短時間で解決したい
  • できるだけ費用は抑えたい
  • 会社は、会社の言い分を主張するのみで、こちらの話に聞く耳を持たない
  • 会社は、会社に正当性があると、徹底抗戦の姿勢

MIRAIOはこう解決します。

  • 交渉代理サービス MIRAIOが代理人として、使用者(会社)への交渉をいたします。
  • 労働審判申立サービス MIRAIOが代理人として、労働条件不利益変更の撤回、損害賠償請求慰謝料等を求めて労働審判を申し立てます。
  • 訴訟追行サービス MIRAIOが代理人として、労働条件不利益変更の撤回、損害賠償請求を求めて訴訟を申し立てます。
よくあるご質問
費用について

労働条件の不利益変更のお悩みをMIRAIOが解決

会社の業績が悪いから賃金カットとか、いきなり僻地に出向を命じられたりなど、会社命令だからとおとなしく従っていませんか。「会社の命令は腑に落ちないけど、同僚には相談できないし・・。」
「元の賃金に戻してもらえるの?」「元の職場に戻してもらえるの?」疑問に思ったら、MIRAIOにご相談ください。
MIRAIOでは、「あなたが、会社に、何を、どれだけ、できるのか」をご提案し、解決に向けたお手伝いをさせていただきます。

会社は、業績が悪いことを理由に、賃金をカットしたり、子会社へ出向させたりと、労働条件を変更することがあります。しかし、そんな一方的なことが許されるのでしょうか。
会社は、労働者の合意なくして、労働条件を一方的に変更させることができないのが原則です。
MIRAIOでは、不利益に変更した労働条件を、従前の条件に戻させるように、また、不利益に変更されていた期間に失われた利益の損害賠償請求のお手伝いを致します。

POINT! 労働条件を不利益に変更されたらどうすべきか?

従業員の同意

会社は、原則として、従業員の同意を得ずに、就業規則を不利益に変更することはできません。したがって、不利益変更後の就業規則に拘束されませんが、会社が強行してくる場合には、内容証明などで、就業規則に拘束されない旨を通知しましょう。

会社から同意を求められたら?

安易にOKしないことです。その場で回答する義務はありません。使用者に不利益変更の理由をキチンと説明してもらいます。 ただ、何ら異議を唱えず長期間ほったらかしにすると、給料の引下げ等の変更に「異議がないのだな」と判断されてしまうおそれがあります。そこで、内容証明郵便で同意しない旨の意思をはっきりと伝えておくべきでしょう。

第三者機関の利用

そこで、労基署に申告したり、各地の労働局に相談する方法も検討してみましょう。訴訟を起こす場合は、弁護士にご相談ください

不利益変更に合理的理由がある場合

この場合、従業員の同意がなくても、変更後の就業規則が認められます。判例は、次の要素を考慮して、合理的理由の判断をすべきであるとしています。

  1. 労働者が被る不利益の程度
  2. 使用者側の変更の必要性の内容・程度
  3. 変更後の就業規則の内容自体の相当性
  4. 代償措置その他関連する他の労働条件の改善状況
  5. 労働組合等との交渉の経緯、他の労働組合又は他の従業員の対応
  6. 同種事項に関する我が国社会における一般的状況等

これらの判断は、行政機関・弁護士等の専門家に相談されるようお勧めします。

解決までの流れ

STEP1 ご予約
フリーダイヤル(0120-783-005)にかけて弁護士との法律相談をご予約下さい。まずは名前、電話番号等をお伺いした後、MIRAIOの弁護士からお電話をおかけいたします。
STEP2 弁護士相談
ご相談に対してアドバイスを行います。
弁護士は問題点を整理したうえ、見通しやリスクの十分な説明を行います。また、費用についても説明いたします。
STEP3 ご契約
提案内容にご納得いただけたら、ご契約の手続きに入ります(検討して、後日、依頼するということでも結構です)。事務員からご契約の案内をさせていただき、契約書や委任状等の書類を郵送いたします。

解決

労働者は会社のメイドではありません。自分だけ理不尽な仕打ちを受けたと思ったら、一度ご相談ください。

事前チェックシート

MIRAIOに依頼する際、以下の診断シートに記入してメール、または送付いただけると、ご相談をスムーズに進めることができます。(必須ではありません。)

メールでご送付の方は、以下のテキストをコピーしてお使いください。
FAXでご送付の方は、下の印刷ボタンから印刷をして、ご記入ください。

1.  採用されたのはいつ頃ですか。 
(平成            年            月            日)
2.  あなたの、どのような権利が、会社から不利に変更されましたか。
□賃金 □労働時間 □役職 □配置転換
□出向 □転籍 □その他(                                )
3.  配置転換など住所の変更がある場合,困ることは何ですか。
□親の介護ができない □子供が転校して可愛そう □買った家がもったいない
□その他
4.  配置転換など職種が変わる方は,採用時に特定の職種に限定されていましたか。
□限定されていた □特に限定されていなかった
5.  労働契約書、就業規則、労働協約等に、そのような労働条件の変更についての定め等はありますか。
□ある □ない □知らない
6.  あなたは、どのような解決を望みますか。
□前の状態に戻して欲しい □不利益変更によって減った賃金分を支払って欲しい
□もう会社を辞めたい □その他(                                )
メールを送信する(メーラーが起動します)
FAX用に印刷する(別ウィンドウが開きます)

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

労働条件の不利益変更の抵抗(交渉)サービスTOPへ

法律事務所MIRAIOは法律サービスを「安心サービス産業」と位置づけています。
相談から訴訟の解決に至るまで様々な問題をサポートします。