すべての人に未来を

24時間365日受付 お問い合わせ

B型肝炎訴訟

B型肝炎訴訟と給付金についてのよくあるご質問

カテゴリ別一覧:

B型肝炎患者がすでに亡くなっていても給付金をもらえますか?

遺族(相続人)が給付金をもらえる可能性があります。 生前に通院していた病院にカルテなどの医療記録を開示してもらい、B型肝炎ウイルスに持続感染していたことや、B型肝炎の病態、死因などを確認します。 給付金の条件を満たした上で、B型肝炎ウイルスによる肝疾患で死亡したということが確認できれば、死亡から20年経っていなければ3600万円、死亡から20年経っていれば900万円の給付金がもらえます。 また、死因がB型肝炎によるものでなかったとしても、生前にB型肝炎ウイルスに持続感染していたことが確認できれば、その病態に応じた給付金を、遺族(相続人)が受け取ることができます。 詳しくは、次のページもご参照ください。 「B型肝炎給付金は遺族も請求できる!遺族の必要書類や注意点を解説」

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。