すべての人に未来を

24時間365日受付 お問い合わせ

B型肝炎訴訟

治療についてのよくあるご質問

カテゴリ別一覧:

B型肝炎の治療にはどのような方法がありますか?

慢性肝炎の治療は、インターフェロンもしくは核酸アナログ製剤による抗ウイルス治療が基本となっています。 インターフェロン(ペグインターフェロン)は、注射で投与する薬です。治療期間は24~48週間で済みますが、さまざまな副作用が出る可能性が高く、妊婦への投与もできません。 核酸アナログ製剤には、バラクルードテノゼット、ベムリディなどの種類がありますが、いずれも飲み薬です。副作用は少ないですが、長期的に服用せねばならず、途中で止めると肝炎が再燃するリスクがあります。 その他の治療法としては、肝庇護療法免疫療法がありますが、近年では特殊な場合以外はほとんど選択されません。 急性肝炎は一過性であることが多いですので、安静にして食事療法によって回復を待ちます。

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。