すべての人に未来を

24時間365日受付 お問い合わせ

B型肝炎訴訟

治療についてのよくあるご質問

カテゴリ別一覧:

核酸アナログ製剤にはどのような副作用がありますか?

核酸アナログ製剤は副作用が少ないですが、長期間服用を続けることにより、腎機能低下や骨密度低下などのリスクがあります。 また、妊婦が服用することにより、流産を引き起こしたり、胎児が奇形になったりする危険性を否定することはできません。 現在標準的に使われている核酸アナログ製剤には、バラクルードテノゼット、ベムリディの3種がありますが、ベムリディは比較的、腎機能や骨密度への影響が少ないと言われています。また、テノゼットについては、妊娠後期の妊婦への使用例もあります。 なお、バラクルードについては、こちらの記事もご参照ください。 「B型肝炎の治療薬バラクルードとは!服用期間はいつまで?副作用は?|給付金についても解説!」

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。