すべての人に未来を

24時間365日受付お問い合わせ

弁護士法人 法律事務所 MIRAIO

B型肝炎訴訟

B型肝炎訴訟と給付金請求手続きの用語集

カテゴリ別一覧:

給付金

きゅうふきん

B型肝炎給付金の請求手続きで、和解をする場合の病態区分は以下のとおりであり、それぞれ一定の基準に沿って、病態を判断することになります。いずれの病態も、B型肝炎ウイルスの持続感染に起因するものであることが前提条件となります。
また、基本合意書(特措法)所定の要件を満たしていることが確認された原告、又は相続人との間で和解が成立した場合には、病態区分に応じて以下の給付金等が支給されます。肝炎を発症してから20年の除斥期間を経過した患者の方は、現在の病態等によって給付金の金額が異なります。

■死亡・肝がん・肝硬変(重度)

– 20年経過していない方

3,600万円

– 20年の除斥期間を経過した方

900万円

■肝硬変(軽度)

– 20年経過していない方

2,500万円

– 20年の除斥期間を経過した方

  • 現在も肝硬変の状態にある方、または過去に肝硬変の治療を受けたことがある方

600万円

  • すでに肝硬変は治癒していて、過去に肝硬変の治療を受けたことのない方

300万円

■慢性肝炎

– 20年経過していない方

1,250万円

– 20年の除斥期間を経過した方

  • 現在もB型慢性肝炎の状態にある方、または過去にB型慢性肝炎の治療を受けたことがある方

300万円

  • すでにB型慢性肝炎は治癒していて、過去にB型慢性肝炎の治療を受けたことのない方

150万円

■無症候性キャリア

– 20年経過していない方

600万円

– 20年の除斥期間を経過した方

50万円+定期検査費用の支給等

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。