中途採用を募集した際に外国人から応募がありました。採用しようと思うのですが、外国人と雇用契約を結ぶときの注意点を教えて下さい。|よくあるご質問|労務マネジメント|弁護士法人法律事務所MIRAIO

法人のお客様 国内企業法務サポート 労務マネジメント よくあるご質問
労務マネジメント 労務マネジメントに関するよくあるご質問

労働相談/労働トラブル解決支援サービス


質問

中途採用を募集した際に外国人から応募がありました。
採用しようと思うのですが、外国人と雇用契約を結ぶときの注意点を教えて下さい。


回答

外国人を採用する場合、まず注意すべきことは、在留資格の有無及びその種類です。
外国人を雇用するためには、旅券又は在留カードで、その在留資格が就労できるものかどうかを確かめる必要があります。
また、日本で就労できることを証明する「就労資格証明書」を提示してもらうことも必要です。
なお、外国人の場合は、日本人より契約を重視する傾向があるため、採用時には必ず雇用契約書を作成し、賃金や労働時間、その他の労働条件について明記しておきましょう。
また、業務の範囲や外国人従業員に特有な事項についてもできるだけ具体的に記載し、本人の同意を得ておくことが必要となってきます。


サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

このページのTOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。