すべての人に未来を

24時間365日受付お問い合わせ

不動産トラブル(貸主)

家賃・地代増額請求

交渉や法的手続きによって、
家賃・地代の増額をサポート

こんな悩み、
ありませんか?

地価が上がってきたので、
家賃を増額したい。

近隣の家賃相場に比べて家賃が低いので、増額したい。

固定資産税が上がったので、
家賃も増額をしたい。

地代増額特約は付けているが、
借地人が増額に反対している・・・

借地借家法において、一定の場合に、
貸主が家賃や地代の増額を請求できることが定められています。

MIRAIOは、
こう解決します

交渉

弁護士が代理人として、相手方に対して家賃・地代の増額を求める交渉を行います。

調停

弁護士が代理人となり、家賃・地代の増額を求める調停を申し立てます。

訴訟

弁護士が代理人として、裁判所に家賃・地代の増額を求める訴訟を申し立てます。

家賃・地代の増額を
請求できる場合

次のような場合には、賃借人に対して、家賃・地代の増額を請求することができます。

①不動産に対する租税その他公課(固定資産税など)が上がった場合
②不動産の価格が上がった場合
③近隣不動産の家賃・地代の相場が上がった場合

ただし、賃借人との協議が整わない場合は、増額を正当とする裁判が確定するまでは、
賃借人が相当と認める額しか支払われない可能性があります。

解決までの流れ

STEP.01

ご相談受付

まずはフリーダイヤル(0120-783-005)までお電話いただくか、メールでご相談ください。

STEP.02

弁護士とのご相談

お電話でご事情をお聞きします。
内容によっては、ご来所をお願いすることもございます。
問題点を整理して、見通しやリスク、費用などの説明をします。

STEP.03

契 約

弁護士からの提案内容にご納得いただいたら、お客様と弁護士との委任契約を交わします。

STEP.04

資料収集・調査

必要な資料を収集・分析し、最善の解決策を検討します。

解 決

弁護士が最善の
解決策へ導きます。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください。

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールでの相談受付はこちら

事例紹介

家賃・地代増額請求の事例一覧

  1. CASE STUDY | 0

    家賃・地代増額請求

    事例内容

    借主には十数年土地を貸していますが十数年前と現在の物価水準はまったく違います。地代の増額を検討。…

  2. CASE STUDY | 0

    家賃・地代増額請求

    事例内容

    借主と地代増額の交渉をしていましたが、交渉が決裂しました。法的な手段を検討。…

  3. CASE STUDY | 0

    家賃・地代増額請求

    事例内容

    地代増額の調停申し立てをしましたが、調停も不調に終わりました。次なる手段を検討。…

家賃・地代増額請求に関するよくあるご質問

家賃・地代増額請求について、いただいたご質問を紹介します。

賃料を値上げしたいのですが、どのような場合に値上げできますか?
賃料を値上げするためには、1~5などの要件が満たされていることが必要です。さらに、借主には、内容証明郵便で、値上げする旨とその理由を通知しましょう。
  1. 固定資産税・都市計画税の値上げがあった
  2. 経済状況の変化で、その地価や建物の価格が上昇した
  3. 建物に大改修を施し、建物の価値が上昇した
  4. 近隣の地価や建物の価格が上昇した
  5. 賃料を値上げする旨の特約がある(ただし、合理的な金額であることが必要)
借主が賃料の値上げに反対して、これまでの賃料も払ってくれません。
まずは借主との話し合いの場を設けることが大切です。それでも納得してくれない場合には、裁判所の調停手続きを申し立てます。 調停も不成立となってしまった場合は、訴訟にて決着をつけることも可能です。

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。