すべての人に未来を

24時間365日受付 お問い合わせ

B型肝炎訴訟

検査についてのよくあるご質問

カテゴリ別一覧:

肝炎を発症しているかどうかを調べるには、どのような検査をしますか?

肝炎を発症しているかどうかは、血液検査や超音波検査(エコー検査)で肝機能や肝臓の状態を調べることによって確認します。 血液検査では、次の項目を検査します。
  • AST(GOT)
  • ALT(GPT)
  • γ-GTP
ASTやALTは、肝臓に存在する酵素で、肝炎によって肝細胞が破壊されると、血液中に流れ出します。そのため、ASTやALTが高い値の場合は、肝炎などの肝障害を起こしていると判断されます。 ASTよりALTが高い場合は、慢性肝炎や脂肪肝が疑われます。逆に、ALTよりASTが高い場合は、肝硬変、肝細胞がん、アルコール性肝障害が疑われます。 γ-GTPは、肝臓、腎臓、膵臓などに存在する酵素で、アルコールに反応して増加します。γ-GTPが高い値の場合は、アルコール性肝障害が疑われますが、断酒しても数値が下がらない場合は、他の原因による慢性肝炎や肝硬変が疑われます。 超音波検査(エコー検査)では、肝臓の形や大きさ、表面の凹凸などを確認することができ、慢性肝炎や肝硬変の判断をすることができます。 また、肝臓内のSOLの存在が確認された場合は、肝細胞がんが疑われ、より精密な検査がされます。

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。