すべての人に未来を

24時間365日受付 お問い合わせ

B型肝炎訴訟

検査についてのよくあるご質問

カテゴリ別一覧:

血液検査でB型肝炎ウイルスに感染しているとか、B型肝炎キャリアだと言われたら、どうしたらよいですか?

B型肝炎ウイルスに感染している場合に取るべき対策は、次の3つです。
  • 肝疾患専門医療機関を受診する
  • 都道府県による助成を申請する
  • B型肝炎訴訟で国に給付金を請求する
肝臓は自覚症状が出にくい臓器です。今、自覚症状がなくても、実は肝炎が進行している可能性もあります。肝硬変や肝がんに進行すると、命にも関わる可能性がありますので、まずは肝疾患専門医療機関を受診し、定期検査を受けるようにしましょう。 B型肝炎の検査費や治療費は、一定の条件を満たせば、都道府県による助成を受けられる可能性があります。特に、インターフェロン核酸アナログ製剤による治療を受ける場合は、医療費が高額になる可能性がありますので、積極的に助成を申請するようにしましょう。 B型肝炎キャリア(B型肝炎ウイルスに持続感染している)と診断された場合は、国から50万円~3600万円の給付金が支給される可能性もあります。 B型肝炎給付金の条件や必要書類については、弁護士にご相談ください。

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。